レッスン 6

目次

カスタマイズしたステートグループを作成する

ミュージックプレイリストコンテナに必要な追加情報を生成するには、ミュージックシステム用にカスタマイズしたステートグループを作成して、ゲームプレイの主なモードを把握するために使います。作成したあとに、前回の演習と同じように、これらのステートを該当するミュージックプレイリストコンテナに関連付けます。

  1. Project Explorerで、Game Syncsタブをクリックして、Statesフォルダを選択します。

    このプロジェクトの他の部分で行ったように、ミュージックシステムに個別に関連付いている全てのステートグループ用に、1つのMusicワークユニットを作成します。

  2. Statesフォルダの中に、Musicという新しいワークユニットを作成します。

  3. Musicワークユニットを右クリックして、 New Child > State Groupを選択します。

    作成したステートグループの名前は好きな名前にできますが、それは、このステートグループに直接リンクするようなものが、Cubeでコーディングされていないからです。ミュージックシステム用にステートを把握するために使うので、Music_Stateなど分かりやすい名前にします。

    [注釈]

    次の演習で、ゲームからくるイベントを使って、これから作成するMusic_Stateステートグループにひも付ける方法を学習します。

  4. 新しいState Groupの名前を、Music_Stateにします。

    それでは、このMusic_Stateステートグループの中に入れる様々なステートを作成します。最初のステートはプレイヤーがゲームプレイの一般モードにいる時のもので、ほかに、メニュー用や、ボスファイトなどゲームの特別な場面用などがあります。

  5. Music_Stateオブジェクトを右クリックして、New Child > Stateを選択します。

  6. 新しいステートの名前を、Gameplayにします。

    次に、他のゲームプレイのモード用のStateを追加します。

  7. BossVictoryStoryのそれぞれのステートを、追加します。

    ステートの名前を見ただけで、それぞれ、どのミュージックプレイリストコンテナに関連付けていくのかが、予想できます。ところで、ExploreやCombatのゲームステートがないのを、不思議に思うかもしれません。これは、ゲーム中の敵との遭遇状況によって、CombatミュージックとExploreミュージックの間を頻繁にトランジションするからです。このトランジションに対応するには特別なアプローチが必要です。このレッスンで、GameplayとCombatミュージックの関連付けを行います。さらにレッスン7で、ExploreミュージックとCombatミュージックを統合して、両方をGameplayステートで使える、上級者のアプローチを習います。


このページはお役に立ちましたか?