レッスン 5

目次

レッスン 5: インタラクションを作成する

最初の4つのレッスンでは、シーケンシャルとレイヤードの2種類のアプローチの使い方を学びながら、ダイナミックに変化する音楽を作成しました。ここまで、ダイナミックな変化の実現に主に利用したのが、ランダム再生です。音楽をインタラクティブにするには、プレイヤーのゲーム内の行動も音楽表現の判断材料にするべきです。プレイヤーがゴールを入れた時に祝福の音楽を流したり、ドライバーが加速した時にモーター音と合わせてギターを響かせたり、魔法の杖を振りかざすと特別なテーマ曲が聞こえるようにするのも、その一例です。

こういったインタラクティブな機能をゲームに入れるには、ゲームエンジンからWwiseに送信されるゲームコールをミュージックシステムにつなげる必要があります。ゲームコールとして、従来のコールであるイベント、ゲームパラメータ、スイッチ、ステートなどを活用したり、トリガーと呼ばれる音楽アプリケーション向けに準備された専用コールを使ったりします。コールの種類によって音楽に対する作用も異なるので、Cubeのゲームプレイを伴奏の音楽スコアにつなげるための方法を、これからいくつか試してみます。

[ヒント]

レッスン5の手順が進めやすいように、レイアウトはInteractive Musicレイアウト(F10を押す)にしておきます。