レッスン 3

目次

既存のミュージックセグメントをテンプレートに利用する

既に作成したテーマや楽器をベースに、Combatミュージックを8小節追加しますが、少しコード変化の内容を変えます。作成してあるミュージックセグメントは、Aセクションとしたので、これから作成する8小節は、Bセクションとします。この2つを続けて再生すれば、16小節の単独の音楽に聞こえるように仕上がります。16小節をあえて2つに分けるメリットは、全体を前後に分けてWwiseでそれぞれを、サブトラックのランダム再生処理できることです。ある楽器またはバリエーションのミュージックラインからスタートして、ライン半ばで別の楽器またはバリエーションに移り変わるので、様々な音楽ラインの可能性が出てきます。レッスン1に出てきたシーケンシャルアプローチで、前後のパートを合体します。このミニアレンジメントが再生される度に、組み合わせ方の可能性が広がり、例えばホルンラインからコーラスに移り変わったり、コーラスからストリングスにバトンが渡されたりします。バリエーションの方も同じで、ベースが16小節の最初から最後まで調子よく続いたかと思えば、前半だけ聞こえることもあったりします。かなりの変化が生まれます!