レッスン 6

目次

AkEnvironmentをTriggerに追加する(Adding the AkEnvironment to a Trigger)

シーンのゲームリージョンやエリアを定義できたら、Triggerを使い、この空間をカプセル化し、ほかのTriggerがここに入ってきたのを検知できるようにします。このTriggerと、各種コンポーネントを、Wwise Adventure Gameとこの技能検定ではAux Environmentと呼びます(一方、Audio EnvironmentはWwise Adventure Gameの特定のリージョンに限定されたSceneのことで、混同しないように注意してください)。

Aux Environmentを作成するのに、Wwise Unity Integrationに入っている既成のAkEnvironmentスクリプトを使います。このスクリプトをTriggerに追加することで、AkGameObjコンポーネントのEnvironment Awareが設定されているゲームオブジェクトは、Triggerの中に入ると、Aux Busがアサインされます。

Wwiseは同時に、どのサウンドのAuxiliary Sendがゲームにコントロールされているのかを知る必要があるので、該当するAudioオブジェクトの Use game-defined auxiliary sends を有効にします。

[注釈]

The AkEnvironment will only affect game objects with an AkGameObj component, set to environment-aware, to keep track of environment related properties such as send values. 周囲の環境を認識できるEnvironment Awareのオブジェクトについて、詳しくは Aux Environmentを作成する のセクションを参照してください。

これから、スタートエリア(別名Training Area)でAux Environmentを作成し、Profilerを使い、正しいAux Busがアサインされていることを確認します。Environment Awareと、Use game-defined auxiliary sendsを設定してあるサウンドはすべて、そのエリア用に選ばれたAux Busに送られます。

  1. Unityのメニューで、 Audiokinetic > Certification > 301 > Lesson 6 を選択し、 Adding the AkEnvironment to a Trigger を選択します。

  2. Hierarchyで AUX Environment ゲームオブジェクトを展開し、 Training ゲームオブジェクトを選択します。

    Trainingゲームオブジェクトに、Mesh Triggerが付いています。試しに半透明のMesh Rendererを有効にし、側面が見えるようにしました。AkEnvironmentスクリプトを追加し、適切なAux Busにアサインするだけでいいのです。

  3. InspectorでAdd Componentをクリックし、AkEnvironmentを入力してからそれを選択します。

    InspectorにAkEnvironmentスクリプトが表示され、その上に使用するColliderが表示されます。

    コライダー付きのほかのゲームオブジェクトが、このMesh Colliderに入ると、それがEnvironment Aware(環境を認識できる)かどうかを、AkEnvironmentスクリプトが確認します。Environment Awareに設定されていれば、そのWwiseオブジェクトは選択されたAux Busにアサインされます。

  4. AuxBus Name をクリックし、 Wwise 301 > Auxiliary Busses > Default Work Unit > Master Audio Bus > World > AUX > Region_Village を展開し、 Training というAux bus を選択します。

    以上です。このスクリプトをアタッチしてAux Bus Nameを設定するだけで、このリージョン内のEnvironment Aware設定のサウンドはすべて、Wwiseオブジェクトで'Use game-defined auxiliary sends'が選択されている限り、このAux Busの影響を受けます。次にProfilerに接続し、Trigger内のサウンドへの実装を検証してください。

  5. Wwiseで Profiler レイアウトに行き、Advanced ProfilerのVoices Graphで、Filterの ブラウズ (...) ボタンをクリックします。

  6. Master-Mixer Hierarchy > Default Work Unit > Master Audio Bus > World > AUX > Region_Villageを展開し、 Training というAux Busを選択して OK をクリックします。

    Profilerの準備ができたので、ゲームに接続してください。プレイ中でも全体が把握しやすいようにWwiseとUnityを隣同士にすれば、Advanced ProfilerとGame viewを同時に見ることができます。

  7. Wwise Adventure Game(エディタ)に Remote Connect で接続し、SceneをUnityで プレイ します。

  8. Training area で1つの に向かって走り、それを アタック します。

    アタックしながら、Advanced Profiler > Voices Graphを見てください。Player_WeaponSwingのEventでトリガーされたすべてのWwiseオブジェクトが、今は、TrainingのAux Busにルーティングされ、Wwise RoomVerbのEffectを受けています。

    この結果を、Aux Environmentのないエリアと比較してみてください。Village TriggerのAkEnvironmentコンポーネントを削除してあるので、Effectを適用しない状態でサウンドを確認するには、Villageまで走り岩を打ちます。

  9. Village まで走り、 を見つけ、それを アタック します。

    ウェポンのAux Sendのないサウンドを使い、今度は自分のリージョン限定のエフェクトを設定してみてください。

By adding the AkEnvironment script to the premade Training Trigger, you have now built an Aux Environment in the Training Area. 次のセクションでは、ゼロからAux Environmentを作成する方法を学びます。