レッスン 5

目次

コンポーネントとスクリプト

UnityのGame Syncコールをインテグレートするには、カスタムスクリプトを作成するのも、既成コンポーネントを使うのも、有効な方法です。カスタムスクリプトを使えば、ほかの機能性を持つシステムを使ってあなたのサウンドをコントロールすることができ、例えばWwise Adventure Gameでサーフェスマテリアルを検知するときなどに利用できます。一方、Wwise Unity Integrationに入っている既成のスクリプトを使えば、Trigger Onの既定の選択肢を利用できて便利です。どちらの場合でも重要なのは、Game Syncsのアサインがグローバル単位か、ゲームオブジェクト単位かによって生じる差です。