レッスン 1

目次

最初のWwise Eventを再生する(Playing Your First Wwise Event)

Wwise EventをUnityでポストするには、Wwiseが以下の2点を知る必要があります。

  • 参照するゲームオブジェクト。

  • Triggerのメカニズム。

ほかに指定がなければ、Eventが参照するのは、あなたがAkEventスクリプトをアタッチしたゲームオブジェクトです。このゲームオブジェクトを基準に、距離による減衰、Game Parameter値、Switchなどを計算します。AkEventコンポーネントの中にTrigger Onプロパティがあり、ここで様々なTrigger方式を選べます。

それでは、301_Campfireゲームオブジェクトを追加し、これにAmbient_Campfire_PlayというEventがアタッチしていれば、それをポストし、3D空間の中でどのように配置されるのかを探ります。

[ヒント]

Wwise Adventure Gameでは、リスナーがPlayerでなくMain Cameraにアタッチしているので、どのサウンドの場合も、距離計算はMain Cameraからの距離に基づいています。

  1. Unityのメニューで、 Audiokinetic > Certification > 301 > Lesson 1 > Playing your first Wwise Event を選択します。

    最初に301_CampfireというPrefabを見つけ、新しいゲームオブジェクトとして中にドラッグします。

  2. Projectビューで 'Campfire' を検索します。

    これは、Wwise Adventure Gameで用意された数々のPrefabやゲームオブジェクトの1つです。

[注釈]

もしProjectビューにリストが表示されなければ、右下にあるスライダーを左端までドラッグしてください。

  1. 301_Campfire というPrefabをSceneビューの中までドラッグします。

  2. Moveツール('W'をクリック)を使い、Training Areaの地面に置きます。

    このシーンにゲームオブジェクトを追加できたので、これにアタッチしたEventをポストできます。前述のとおり、ゲームオブジェクトにEventを追加するにはWwise Pickerを使うと便利です。

  3. Wwise Pickerで、 Events > Ambient > General を開き、 Ambient_Campfire_Play を選択します。

  4. Wwise Pickerの Ambient_Campfire_Play のEventを、Hierarchy内の 301_Campfire ゲームオブジェクトの上までドラッグします。

    これで完了!Ambient_Campfire_Playを301_Campfireゲームオブジェクトの上にドラッグしたことで、自動的に、このEventがAmbient_Campfire_Playに設定され、Eventを再生するのに必要なスクリプト(AkAmbient、AkGameObj)も追加されました。ゲームをスタートしたときに、このサウンドをGeneralのSoundBankからロードし、Campfireゲームオブジェクトを参照先としてポストします。ランタイムにゲームオブジェクトを移動した場合は、サウンドもゲームオブジェクトの位置を追って動きます。Ambient_Campfire_Playのインテグレーションを検証するには、Playモードに入り、そのサウンドを聞いてみます。ただしその前に、レイアウトを変更してSceneビューとGameビューが同時に見えるようにします。

  5. Unityのメニューで、 Window > Layouts をクリックし、 2 by 3 を選択します。

  6. Playをクリックします。

  7. マウスを使ってCameraを回しながら、 301_Campfire ゲームオブジェクトを観察します。

    カメラと301_Campfireゲームオブジェクトの位置関係によって、サウンドスケープ内のサウンドの方向が変わってきます。AkAudioListenerコンポーネント(つまりListener)はMain Cameraにアタッチしていますが、音はゲームオブジェクトの真ん中から出ています。つまりカメラとゲームオブジェクトの相対的な距離や角度が、聞こえ方に影響します。

  8. P を押して(マウス表示)、Hierarchyの中の 301_Campfire ゲームオブジェクトを選択します。

    [ヒント]

    Sceneビューで301_Campfireゲームオブジェクトを選択することもできますが、その場合は必ずサウンドをポストした親オブジェクトを選択して、その下にある301_Campfireゲームオブジェクトの子を選択しないように注意してください。

  9. Moveツール ('W') を使い、 Campfire ゲームオブジェクトをMain Cameraから離します。

    Ambient_Fire_CampfireのSound SFX に3D spatializationが使われ、Ambient_Campfire_playイベントを301_Campfireゲームオブジェクトにポストしているので、あなたがゲームオブジェクトを動かすと、それに合わせてゲームでサウンドの位置が常にアップデートされます。最後に、次の演習用にレイアウトをリセットしてデフォルトに戻しておきます。

  10. Unityのメニューで、 Window > Layouts をクリックし、 Default を選択します。

Wwise Unity Integrationスクリプトを使えば、WwiseのどのEventでも、そのEventを含むSoundBankを事前にロードしておけば、簡単にゲームに入れることができます。