レッスン 4

目次

EventをWwise-Typesを使いポストする(Posting Events using Wwise-Types)

はじめは小さく、という精神のもと、Wwise-Typesを使ってEventをポストしてみます。Wwise-TypesはWwiseの中核となるオブジェクトのEvent、SoundBank、Switchなどを使うための方法の1つで、スクリプト内に、publicに設定したWwise-Typeプロパティをつくると、それはInspectorのproperty drawerとして表示されます。

Wwise-Typeクラスを使えば、スクリプトに1つのプロパティを入れて、Event、SoundBank、SwitchなどのWwiseオブジェクトを、Inspectorで公開できます。このレッスンでは、以下の作業を行います:

  1. Wwise-Type Eventのクラスプロパティを作成します。

  2. 'Destruction_Rocks' というEventに変数をアサインします。

  3. このスクリプトが正しく動くことを検証するために、ゲームのスタート時にこのEventをポストしてみます。

[注釈]

スクリプトの編集に使うコードエディタは自由に選べますが、本コースでは、Visual Studioを使いながら説明します。