始めてみよう

目次

事前準備

この技能検定は、Wwiseを使った高度なオーディオインテグレーション方法を網羅するもので、Wwiseの一般的な使用範囲を超えた使い方をみます。あなたが、この前段階の技能検定( 101201251 )の受講経験を通して、あるいは現場での仕事を通して、すでにWwiseについての知識があるものとして、レッスンを進めます。

本技能検定でWwise Unity Integrationの使い方を説明するので、今まで使ったことがなくても問題ありません。Unityゲームエンジンを使いながら作業しますが、Unity関連の手順は非常に明確に説明され、Unityを今までに見たこともない人を対象としているので、心配ありません。

Unity(上図のゲームエンジン)が使えるように、まず演習を通して基本的な使い方を学び、WAG Unityプロジェクトを自由に操作できるようにします。オンライン情報へのリンクがあるので、Unityについてさらに詳しく学ぶこともできます。

この技能検定のレッスンを始める前に、以下を確実に行ってください:

  • Wwiseライセンスを取得します(詳しくは後述の 301コースのライセンスを取得する を参照)。

  • WindowsまたはMacのコンピュータに、以下を設定してください:

    • ヘッドフォン、またはスピーカー。

    • ネットワークへの接続(ソフトウェアのダウンロードに必要)。

  • Unity Editor をインストールします。

    [注釈]

    Wwise Adventure GameのUnityプロジェクトをビルドし保存するのに使ったUnityのバージョンは、2018.4.0fです。このコースを学ぶのに、一番最適なバージョンです。このコースでUnityと記載するときは、Unity 2018.4.0fを意味します。とはいえ、このバージョンはLTS (Long Term Support) バージョンであるため、2018.4.x というバージョンであれば、互換性があります。

  • Wwise Launcherをインストールして、以下を行います:

    • Wwiseをインストールします。

      [注釈]

      Wwise Adventure GameのWwiseプロジェクトをビルドし保存するのに使ったWwiseのバージョンは、2019.1.4です。これが推奨バージョンで、問題なく使えます。この技能検定でWwiseと記載するときは、Wwise 2019.1.4を意味します。

    • 以下も含め、 Wwise Adventure Game をインストールします:

      • WAGのWwiseプロジェクト。

      • WAGのスタンドアロンバージョン。

      • WAGのUnityプロジェクト。

      [注釈]

      このゲームは、ある程度のグラフィックパフォーマンスを有するコンピュータを前提に最適化されています。ローエンドのデバイスはフレームレートが低すぎて、特にUnityを使うと問題があるかもしれません。コンピュータのハードウェア要件について、詳しくはUnityのウェブサイトにある minimum requirements section を参照してください。