始めてみよう

目次

Sceneの管理

アセットを色々と追加しはじめ、Sceneのデザインや管理が必要になると、Sceneビュー、Hierarchyウィンドウ、Inspectorウィンドウ、そしてツールバーの間を行き来すようになります。

Hierarchyで、Inspectorで確認したいゲームオブジェクトを選択してから、そのプロパティを編集したり、新しい動作を追加したりできます。ゲームオブジェクトを1つ選択すると、ツールバーのツールを使い、Move(移動)、Rotate(回転)、Scale(拡大縮小)でSceneビューのオブジェクトを操作できます。

[注釈]

SceneビューでSceneの中身を見ることができますが、ゲームを開始したときの実際のカメラ視点とは異なります。

それでは試しに、作業手順を確認するために、松の木を1本追加し、プレイヤーの横に移動させてみます。

  1. Hierarchyで Player ゲームオブジェクトを選択します。

    Sceneビューは開発用カメラで、Sceneの中で動かしたり回したりできますが、ゲームをプレイするときの実際のカメラとは異なります。Sceneのゲームオブジェクトに素早くフォーカスを合わせるには、キーボードのFボタンを押してカメラを自動的にそこに移動させます。ただしそれを行う前に、Unityに、ゲームオブジェクトにどのようにフォーカスすべきかを指示しておく必要があります。

  2. Unityのツールバーでツールのハンドルポジションのトグルボタンをクリックして、Pivotを表示させます。

    Fを押してフォーカスさせると、カメラがゲームオブジェクトの軸(中心)に動きます。

  3. マウスをSceneビューに置き、'F'を押してフォーカスをPlayerゲームオブジェクトにあてます。

    それでは、ゲームオブジェクトを1つ探して、Sceneに追加してみてください。試しにpine tree(松の木)を使いますが、普段はTraining Areaにないものです。Tree_Pine_2は、Prefabです。Prefabとは、Assetsフォルダに保存されたゲームオブジェクトのことです。

  4. Project Viewで 'pine tree' を検索し、 Tree_Pine_2 を選択します。

    何かをProject ViewからSceneにドラッグするだけで、そのオブジェクトがマウスカーソルの位置に出現し、手を離すとSceneに配置されます。

  5. Tree_Pine_2 をSceneにドラッグし、Adventurerの隣に置きます。

    次にMove、Scale、Rotateのツールを使い、プレイヤーの前の草の上に、pine treeを乗せてください。まずpine treeを草の上に配置できるように、Sceneビューをpine treeと草の両方が表示されるように調整します。

  6. マウスを使い右クリックし、マウスを右にドラッグしてpine treeと草が生えている場所の両方が見えるようにします。

    全体がもっと見えるように、ズームアウトしてください。

  7. Altを押しながらマウスで右クリックし、上の方にドラッグします。

    これで、pine treeを草の上に移動する準備ができました。

  8. ツールバーでMoveツールを選択します。

    選択すると、pine treeの根元に3つの矢印が表示されます。

    矢印の1つをクリックして抑え、マウスで矢印の軸にそってドラッグすれば、pine treeを動かせます。

  9. 矢印を使い、pine treeを草の上に持っていきます。

    それでは、この木に適した名前をつけます。

  10. Inspectorで、 Tree_Pine_2 の名前を 'TheLonelyPineTree' (一人ぼっちの松の木)に変更します。

    TheLonelyPineTreeという名前がHierarchyに表示されたので、今後は簡単に探せます。

ウィンドウ同士の関係を知り、使い方が分かってきましたが、これらのウィンドウの利用方法はほかにも沢山あります。