目次

ターゲットプラットフォーム:

Android に固有の情報

以下のページには、Android 対応 Wwise SDK の使用に特定の情報が含まれています。

プラットフォーム要件

Note.gif

Note:

  • Androidにサンプルプラグインをビルドするには、makeを使用する必要があります。
  • このmakefileは、Android NDK スタンドアロン ツールチェインに依存しています。

Android ライブラリは、SDK/source/SoundEngine フォルダにある MakeAllAndroid.sh スクリプトを使ってビルドします。これにより適切なパラメータのツールチェインとcall makeを作成します。 このスクリプトは、現在 armeabi-v7a アーキテクチャーをビルドするためにハードコードされています。SDK は、古い電話をサポートしたい場合、armeabi にビルドすることもできます。これを行うに 、スクリプトを修正するか、makefileを直接呼び出してください。

既知の問題点:

  • Android
    • WG-20084: あるセットアップでは、Androidのソースを、スペースなしのパスでコンパイルする必要があります。 デフォルトでは 'C:\Program Files\Audiokinetic' にインストールされるので、スペースを含んでいます。この問題に遭遇した場合には、ソースを別の場所に移動する必要があるかもしれません。

サウンドバンクの実装とローディング

Androidでは、3種類のサウンドバンクの実装とロード方法があります:

  1. Android application package (APK)の一部としてサウンドバンクを実装する。アプリケーションをデバイスに実装する前に、Android NDK プロジェクトのサブフォルダ "assets" にサウンドバンクを配置する必要があります。
  2. Android Application Split Binaryの一部として SoundBanks を実装します (またはOBB).
  3. サウンドバンクを Android デバイスのファイルシステムディレクトリに直接実装する。サウンドバンクは、デバイスのファイルシステムのどこにでも実装することができます。GameSimulator アプリケーションはこの方法を採用し、低レベル I/Oの例は次で参照することができます: $<Wwise>/SDK/samples/IntegrationDemo/Common/IntegrationDemo.cpp.

$<Wwise>/SDK/samples/SoundEngine/Android にあるデフォルトの低レベルの実装では、APK、OBB ならびに POSIX ファイルにアクセスできます。JavaVM ならびに the NativeActivity と共に CAkDefaultIOHookBlocking::InitAndroidIO 関数を呼び出し、APK ならびに OBB リーダーの両方を初期化します。CAkDefaultIOHookBlockingSetBasePath に与えるパスは、アーカイブのルートに対して、相対パスである必要があります (APK ならびに OBB についても同様)。 ファイルシステム (APK または OBBの外部) から SoundBanks をロードするには、SoundBanks へのパスを CAkDefaultIOHookBlocking::AddBasePath() に指定する必要があります。複数のパスを追加できます。

Note.gif
Note: OBB アーカイブは、デフォルトの低レベルI/Oが作業するために、暗号化と圧縮が解除されている必要があります。そうでなければ、独自のIOを書く必要があります。
Note.gif
Note: OBB の読み込みはlibzipを使って行います。Libzip 下にあるライセンスを確認してください。。ライセンスを承諾しない場合には、コンピレーションフラグで "REMOVE_LIBZIP" シンボルを指定して、 LibZip の使用を無効にしてください。そうした場合、OBBを読み込むために独自のIOを書くか、使用前にOBBの圧縮を解除する必要があります。

IO システムは、与えられたパスによって、逆順、最後に追加したものを最初に、APK コンテンツを最後にファイル検索します。これによりDLC コンテンツが APK コンテンツに取って代わることが可能です。

低レベルI/O サブモジュールの実装方法についての詳細は、 低レベル I/O を参照してください。

Android ライブラリ フレーバー

Wwise SDK のプリコンパイル ライブラリは、3種類のフレーバーでコンパイルされています:

  • armeabi-v7a
  • armeabi-v7a と hardware-float サポート (-mhard-float)。hardware float サポート ライブラリは armeabi-v7a_hf フォルダにあります。ゲームコンピレーションで、-mhard-float フラグの使用に従って、適切な lib をリンクしてください。
  • x86