プラットフォームでのオーディオ出力

このセクションでは、Wwise が各プラットフォームに対してどのようにオーディオパイプラインをセットアップするかについて説明します。

注:すべてのプラットフォームにおいて、Wwise は常に PCM 信号 を出力します。

Windows

Windows® 上のデフォルトでは、Wwise はシステムデフォルトデバイスのコンフィギュレーションになります。AKSoundEngine::Init() の呼び出し時に、AkPlatformInitSettingsuChannelMask を設定することで、デフォルトコンフィギュレーションをオーバーライドすることができます。

デフォルトでは、Wwise は 48kHz のサンプルレートを出力します。AKSoundEngine::Init() を呼び出す時に AkPlatformInitSettings::eAudioQuality を AkSoundQuality_Low に設定することで 24kHzでの出力が可能になります。

Tip.gif
Tip: Windows Vista および Windows 7 でデフォルトのデバイスコンフィギュレーションを変更するには:
  • システムトレイにあるスピーカーのアイコンを右クリック
  • 「Playback Devices(再生デバイス)」を選択
  • 「Sound(サウンド)」パネルで使用したいデバイスを選択(デフォルトの変更には「Set Default(既定値に設定)」を使用)
  • 選択したデバイスのコンフィギュレーションを変更するには「Configure(環境設定)」をクリック
Tip.gif
Tip: Wwise オーサリングツールを使用するときは、「Audio(オーディオ)」メニューを使用して、特定の設定を強制することができます。詳細については、ユーザーマニュアルを参照してください。

Xbox 360

Xbox 360™ 上では、Wwise は常に5.1構成でPCM 信号を出力します。この信号から、コンソールは次の信号を提供することができます:

  • ステレオ (アナログまたはLPCM)
  • ドルビーデジタル 5.1
  • ドルビーデジタルと WMA

Wwise は常に 48kHz のサンプルレートで出力します。

section audio_output_xboxone Xbox One

Xbox One™ 上では、Wwise は常にステレオまたは7.1構成でPCM 信号を出力します。この信号から、コンソールは次の信号を提供することができます:

  • ステレオ (アナログまたは LPCM)
  • 5.1 LPCM
  • 7.1 LPCM
  • ドルビーデジタル 5.1
  • DTS 5.1

Wwise は常に 48kHz のサンプルレートで出力します。

PS3

cellAudioOutGetState によって返される内容によって、PS3™の上では Wwise は常にステレオまたは5.1で PCM 信号を出力します。この信号から、コンソールは次の信号を提供することができます:

  • ステレオ (アナログまたは LPCM)
  • 5.1 LPCM
  • 7.1 LPCM (サポートされていません)
  • ドルビーデジタル 5.1
  • DTS 5.1
  • AAC
  • ドルビー TrueHD (スリムモデルのみ)
  • DTS-HD マスターオーディオ (スリムモデルのみ)

Wwise は常に 48kHz のサンプルレートで出力します。

PARAM.SFO ファイルに有効にしたいエンコーダが含まれていることを確認してください。

更なる詳細は、PS3 の SDKドキュメンテーションで以下を参照してください: System Configuration (システムコンフィギュレーション)> Audio configuration Utility Overview (オーディオコンフィギュレーションユーティリティの概要) > 3 Audio Output Overview (3オーディオ出力の概要) > Basic Procedure for the Application (Obtaining the Audio Format at Boot) (アプリケーションの基本操作 (ブート時にオーディオフォーマットを取得))

PS4

PS4™ 上では、Wwise は常にステレオまたは7.1構成でPCM 信号を出力します。この信号から、コンソールは次の信号を提供することができます:

  • ステレオ (アナログまたは LPCM)
  • 5.1 LPCM
  • 7.1 LPCM
  • ドルビーデジタル 5.1
  • DTS 5.1

Wwise は常に 48kHz のサンプルレートで出力します。

Wii

Wii™上では、Wwise は常に4.0構成でPCM 信号を出力します。この信号から、コンソールは次の信号を提供することができます: Stereo
ステレオ

  • Dolby Pro Logic II

Wwise は常に 32kHz のサンプルレートで出力します。

Wii U

WiiU™上では、Wwise は常に初期化設定に応じて、ステレオまたは5.1で PCM 信号を出力します。この信号から、コンソール設定に応じて、コンソールは次の信号を提供することができます:

  • 48 kHz 2 チャンネル LPCM
  • 48 kHz 6 チャンネル LPCM

Mac

Mac®上のデフォルトでは、Wwise はシステムのデフォルトデバイスのコンフィギュレーションになります。AKSoundEngine::Init() の呼び出し時に、AkPlatformInitSettingsuChannelMask を設定することで、デフォルトコンフィギュレーションをオーバーライドすることができます。

デフォルトでは、Wwise は 48kHz のサンプルレートを出力します。AKSoundEngine::Init() の呼び出し時に、AkPlatformInitSettingsuSampleRate を設定することで、サンプルレートをオーバーライドすることができます。

Tip.gif
Tip: MacOS でデフォルトのデバイスコンフィギュレーションを変更するには、Applications / Utilities / Audio MIDI Setup に移動します。

iOS/tvOS

iOSでは、Wwise は常にステレオ信号を出力します。

デフォルトでは、Wwise は 48kHz のサンプルレートを出力します。AKSoundEngine::Init() の呼び出し時に、AkPlatformInitSettingsuSampleRate を設定することで、サンプルレートをオーバーライドすることができます。

ニンテンドー3DS

3DSでは、Wwise は常に32kHzのサンプルレートでステレオ信号を出力します。

PS Vita

Vitaでは、Wwise は常に 48kHz のサンプルレートでステレオ信号を出力します。

Android

Android では、Wwise は常にステレオ信号を出力します。

デフォルトでは、Wwise は 48kHz のサンプルレートを出力します。AKSoundEngine::Init() の呼び出し時に、AkPlatformInitSettingsuSampleRate を設定することで、サンプルレートをオーバーライドすることができます。

Linux

Linuxでは、Wwiseはステレオ、または5.1信号を出力します。

デフォルトでは、Wwise は 48kHz のサンプルレートを出力します。AKSoundEngine::Init() の呼び出し時に、AkPlatformInitSettingsuSampleRate を設定することで、サンプルレートをオーバーライドすることができます。