バージョン

初期設定

初期化設定

重要: Wwiseインテグレーションに関する全ての設定は、Unrealプロジェクト設定の、プラグインセクションのWwiseの項目で確認できます。

  • 同時使用可能な最大リバーブボリューム
    サウンドに影響があるAkリバーブボリュームの最大数。これをゼロにセットすることでゲーム内の全てのAkリバーブボリュームをディスエーブルすることができます。
  • Wwise Windowsインストールパス
    Wwise オーサリングルアプリケーションのWindows開発機での格納先。インテグレーションが変更されたためにWwiseオーサリングアプリケーションの新バージョンが必要な時に、このオプションをWwiseオーサリングアプリケーションの新バージョンにアップデートする必要があります。
  • Wwise Mac インストールパス
    WwiseオーサリングアプリケーションのMac OS X開発機での格納先。インテグレーションが変更されたためにWwiseオーサリングアプリケーションの新バージョンが必要な時に、このオプションをWwiseオーサリングアプリケーションの新バージョンにアップデートする必要があります。
  • Wwise プロジェクトパス
    UE4ゲームのWwiseプロジェクトの場所。ゲームに必要なWwiseアセットを作成するためにUnreal Content Browser(またはBuildメニュー)内でGenerate SoundBanks機能を使うために、このパスがWwiseインテグレーションで必要です。このパスは、エディタの実行ファイルのディレクトリに対するパス(通常は<UE4_installation_directory>/Engine/Binaries/Win64)であり、Unreal EngineのFPlatformProcess::BaseDir()に示される。

これらのパスが正しく設定されていないと、Unreal は ゲームに必要なWwise SoundBanks の生成に失敗します。

サウンドエンジンの初期化

SoundEngine初期化のための処理は、FAkAudioDevice::EnsureInitialized()メソッドで実行します。このメソッドを使って、メモリ、ストリーミング、IO、サウンドエンジン、プラットフォーム、ミュージックエンジン、通信の各種設定ができます。また、プラグインの登録もここで行います。ライセンスされたプラグインを使う場合は、AK::SoundEngine::RegisterAllBuiltInPlugins()へのコールの直後に、コードの該当する行をアンコメントします。

サウンドエンジン初期化の詳細については、Wwise SDKドキュメンテーションの"サウンドエンジン各種モジュールの初期化"を参照してください。

作成:  doxygen 1.6.3