目次

ファイルパッケージャ

Wwiseプロジェクトで生成されたサウンドバンクやストリームしたメディアファイルは、スタンドアロンユーティリティのファイルパッケージャ(File Packager)を使い、1つまたは複数のパッケージにまとめることができます。ファイルパッケージはファイルシステムを抽象化した内蔵ユニットで、プラットフォーム側のファイルシステムにみられる、ファイル名の長さやファイル数などに関する制限を、ある程度回避できます。また複数ある言語バージョンや、リリース後に出されるダウンロード用コンテンツなどを扱いやすくします。