目次

AUXバスのルーティング

AUXバスは標準オーディオバスと同様にマスターミキサー階層内に配置します。各AUXバスで最大4つのエフェクトを適用でき、エフェクトの有効化と無効化はプログラムやゲームパラメータで管理できます。マスターミキサー階層内の配置で他のオーディオバスやAUXバスの子とすることで、一度に4つ以上のエフェクトが可能となります。

まずAUXバスをマスターミキサー階層に追加するには、既存オーディオバスまたはAUXバスを選択して、Project ExplorerツールバーのAUXバスアイコンをクリックします。選択したオーディオバスまたはAUXバスの、新しい子AUXバスが作成されます。

Project ExplorerツールバーでAUXバスを作成

AUXバスのMeter機能は、ボリュームの設定、エフェクトの追加、RTPCの適用、ステートに合わせた変更などに使います。

Property EditorにあるAUXバスのGeneral Settingsタブ