目次

ポジショニングにおけるタイムラインの使い方

空間を移動するオブジェクトのパス(通り道)を作成する時に、そのパスを通り抜けるのにかかる時間を設定する必要があります。各コントロールポイントが時間的にどこにくるのかを、Position Editorのタイムラインで指定します。グラフビューと同様に、タイムラインでもズームやパンの機能を使ってコントロールポイントの位置を正確に設定できます。また、作成したパスごとにタイムラインの長さを変えられます。