目次

Wwise ASIO Output

(以下「Wwise ASIO Outputのプロパティ」参照。)

Wwise ASIO Outputプラグインは、Steinberg Audio Stream Input/Output (ASIO) SDKを使い、ASIOと互換性のあるアウトプットデバイスに接続します。

ASIOアウトプットデバイスを通し、Wwiseオーサリングをモニタリングする

Wwiseオーサリングツールにあるあなたのプロジェクトを、ASIOアウトプットデバイスでモニタリングするには、Audio PreferencesダイアログのHardware Devicesグループボックスを使い、マスターバス用にASIOドライバーを選択できます。(詳細は 「オーディオデバイスの優先設定」を参照してください。)

Wwiseオーサリングの外でASIOドライバーを選択する

Wwiseオーサリングツール外からASIOハードウェアデバイスを選択するには、"WWISEASIODRV"環境変数を作成し、Audio PreferencesのHardware Devicesグループボックスでマスターバス用に指定したASIOドライバーの名前と合致する値に設定する必要があります。

例えば、ASIO Output Audio Device ShareSetの名前が"ASIO_Output"であり、もし"ASIO_Output - Name of an ASIO Driver"がHardware Device列に表示されていれば、WWISEASIODRVを"Name of an ASIO Driver"の値に設定する必要があります。

[警告] 警告

WWISEASIODRV環境変数も、Audio Preferencesで設定したドライバーをオーバーライドします。

[警告] 警告

ASIO Outputを複数のマスターバスのAudio Deviceとして選択することは、サポートしていません。

[警告] 警告

System Audio Deviceをあるバスで選択し、ほかのバスでASIO Audio Deviceがあれば、デバイス排除のコンフリクトが生ずるかもしれません。

Wwise ASIO Outputのプロパティ

項目

内容

Wwise ASIO Outputのプロパティ

チャンネルコンフィギュレーション

アウトプットデバイスのチャンネル数と、チャンネルコンフィギュレーションを設定します。詳細は 「チャンネルコンフィギュレーションを理解する」を参照してください。標準的コンフィギュレーションのないチャンネル数を設定するために、Anonymousコンフィギュレーションもあります。

選択中のASIOハードウェアデバイスのチャンネル数を維持するには、defaultを選択します。

Base Channel

バスのアウトプットチャンネルをすべてオフセットし、第1チャンネルのアウトプットがベースチャンネルとなるようにします。チャンネルは、ベースチャンネルから始まり、続いて順にアウトプットされます。

デフォルト値は1なので、最初のアウトプットが第1チャンネルとなります。

例えばステレオコンフィギュレーション(2チャンネル)のBase Channelを2に設定すると、アウトプットがチャンネル1と2ではなく、チャンネル2と3になります。

関連トピック