目次

リリースノート 2018.1.1

次のセクションでは、Wwiseバージョン2018.1とバージョン2018.1.1の間での変更点を挙げ、説明します。以前のバージョンの詳細については、 以前のリリースノート をご覧ください。オンラインヘルプを使用する場合は、目次カラムの最上段にあるリストから、異なるバージョンのWwise を選択することもできます。

Note.gif
Note: プラグイン開発者へ このWwiseバージョンは、Wwise 2018でビルドしたプラグインをサポートします。これ以前のバージョンのWwiseでビルドされたプラグインは、プラグイン開発者が互換性のあるバージョンでリコンパイルして、リパッケージする必要があります。

プラットフォームSDKアップデート

  • Magic Leap SDK 0.16.0にアップデート。

新機能

  • WG-35285 (WAAPI) AkAutobahn Clientが、切断コールバックをサポートするようになりました。C++ SampleClientに、Wwiseのステータスをモニタリングする方法を示した新しい例があります(接続、切断、プロジェクト変更)。

パフォーマンスの変更

  • WG-39015 Wwise Authoringツールで作成されるGDIオブジェクトの数を最適化しました。
  • WG-39060 (PS4) Wwise Profilerのタイマーコレクションのパフォーマンスを改善しました。

その他の変更

  • WG-38947 (WAAPI) AkAutobahnからのログインに、統一されたAkAutobahnプレフィックスができました。

バグ修正

  • WG-29891 修正済み:ミキサープラグインのプロパティが、プラットフォーム間でアンリンクしたり、切り替えたりするときに、失われてしまいました。
  • WG-38040 修正済み:減衰コーンが、Portal回折で破壊されてしまいました。
  • WG-38442 修正済み:2次アンビソニックストリームのUチャンネルのレベルが、特定のローテーション下で、非常に大きいボリュームになりました。
  • WG-38685 修正済み:WwiseCLI.exeの稼働中に、 -ConvertExternalSources-ExternalSourcesOutput の引数のプラットフォーム引数の選択肢が、コマンドラインで提供されないと、無効エラーメッセージが発生しました。
  • WG-38687 修正済み:Event Editorに表示されるEvent IDが、現在のEventの名前を変更しても、変わりませんでした。
  • WG-38715 修正済み:(PS4) AK::GetPS4OutputHandle が、 AK::SoundEngine::Init の直後では、正しく作動しませんでした。
  • WG-38778 修正済み:WwiseオーサリングとConvolution Reverbでは、ブロックアラインメントと、サンプル毎のチャンネル数・ビット数の間のヘッダの不一致のため、一部のWAVファイルを読み込めませんでした。
  • WG-38818 修正済み:アンロードしたWork Unit内にオーディオファイルをインポートできました。
  • WG-38849 修正済み: 親ミュージックセグメントを再生しながらミュージッククリップを削除すると、クラッシュしました。
  • WG-38884 修正済み:オーディオデバイスをSystemまたはNo_Outputに戻しても、Advanced ProfilerのVoices Graphに表示される名前が変わりませんでした。
  • WG-39013 修正済み: 別のデスクトップに切り替えるときに、スレッドリークが発生する可能性がありました。
  • WG-39018 修正済み:HiDPIモニター上の、Soundcasterトランスポートのタイトルバーで、ドローイングの問題。
  • WG-39020 修正済み:(iOS) CPUが枯渇している状態で出力変更が発生すると、クラッシュする場合がありました。
  • WG-39063 修正済み:(PS4) パラレル実行を有効にすると、ATRAC-9のデコーディングが機能しませんでした。
  • WG-39074 修正済み:Listener Relative Routingと、3D Position automationを設定した音が、断続的にクラッシュしました。
  • WG-39089 修正済み: サウンドバンクが全て同期されていないときに、まれに CAkActiveParent がクラッシュしました。
  • WG-39092 修正済み:(WAAPI) vc140またはvc150でコンパイルしたときに、AkAutobahnで、エラーメッセージのコンテンツが破損していました。
  • WG-39110 修正済み:(Xbox One) パラレル実行を有効にすると、XMAのデコーディングが機能しませんでした。
  • WG-39131 修正済み: ゲームオブジェクトの名前を指定して、そのオブジェクトをウォッチする場合に、そのオブジェクト名が別のゲームオブジェクトのサブストリングであれば、その別オブジェクトも3D Game Object Viewerに表示されることがありました。
  • WG-39148 修正済み:HiDPIモニターで、Perforce Source Controlプラグインを使うと、クラッシュしました。
  • WG-39149 修正済み:Wwiseを長時間、開いたままにすると、Property Helpビューでクラッシュしました。
  • WG-39175 修正済み:ターゲットのないActionを含むEventを、キーボードショートカットで実行すると、クラッシュしました。
  • WG-39179 修正済み: Frame Allボタンをクリックすると、Game Object 3D Viewerがクラッシュしました。


参照: