概要

Wwiseで作成する豊かで洗練されたゲームのサウンドスケープには、無限の可能性があります。ただしプラットフォームごとに使用できるメモリのリソースに限りがあることを、常に念頭におく必要があります。ゲームのオーディオをデザインする時に、このような制約を忘れないでください。プロジェクトのオーディオエレメントの構築を進める際に、Wwiseが提供する様々なツール、例えば再生制限、バーチャルボイス、ボリューム閾値などを使えば、ゲームのメモリ使用を効率的に管理できます。

Profiler機能は、ゲームのメモリ問題のトラブルシューティングに役立つ数々の情報を提供します。Profilerが提供する情報を完全に理解して、Wwiseのメモリ節約ツールを充分に活用するには、Wwiseがどのようにして最終的なメディアファイル、サウンド構造、イベント、ゲームシンク、エフェクトなど、プロジェクトのあらゆる面を管理しているのかを理解する必要があります。

メモリマネージャの様々なコンポーネントの概要と、ゲームのメモリを効率的に管理するためのコツやベストプラクティスを本章で紹介します。Memory Managerのコンポーネントの詳細については、Wwise SDKドキュメンテーションを参照してください。