ご使用のWwise バージョン
arrow_right 目次

ログに表示されるメッセージの管理

SoundBankやコンバージョンの、生成中のログに表示される警告やメッセージを、以後は表示させたくない、または表示させる必要がない場合も考えられます。不要な警告やメッセージを、SoundBank Logに表示させないためには、Log Ignore(ログで無視)リストに追加します。また、Log Ignoreリストからそのメッセージタイプを削除すると、再びログに表示されます。Log Ignoreリストは、Project Settingsダイアログボックスにおいて、プロジェクトレベルで管理されます。


[注釈] 注釈

ログ中のメッセージを直接右クリックして、Add Message(s) to Ignore Listを選択して、リストにメッセージを追加することもできます。詳しくは「Log Ignoreリストに、メッセージを追加する」を参照。

Log Ignoreリストにメッセージを追加するには:

  1. メニューバーで、Project > Project Settingsをクリックする。

    Project Settingsダイアログボックスが開く。

  2. Logsタブに切り替える。

  3. Log Ignore Listに追加するメッセージを選択する。

  4. OKをクリックして、Project Settingsダイアログボックスを閉じる。

    次回ログを生成する時に選択されたメッセージタイプがWwiseに無視され、ログに表示されない。

    [注釈] 注釈

    Log Ignoreリストからメッセージタイプを除くには、そのメッセージタイプのIgnoreチェックマークを、外すだけです。

メッセージの重大度(Severity)を変更するには:

  1. メニューバーで、Project > Project Settingsをクリックする。

    Project Settingsダイアログボックスが開く。

  2. Logsタブに切り替える。

  3. Severity列のドロップダウン機能を使い、重大度を変更する。

  4. OKをクリックして、Project Settingsダイアログボックスを閉じる。

    次回ログを生成する時に、選択した重大度が適用されます。

ログに表示されるメッセージ数を制限するには:

  1. メニューバーで、Project > Project Settingsをクリックする。

    Project Settingsダイアログボックスが開く。

  2. Logsタブに切り替える。

  3. Limit number of messages displayed to:オプションを選択して、ログに表示させる最大メッセージ数を入力する。なお、この制限数は、ログの全てのメッセージタイプに適用される。

  4. OKをクリックして、Project Settingsダイアログボックスを閉じる。