目次

アウトプットバッファのレイテンシ設定

Wwiseでサウンドを再生すると、再生レイテンシを削減するためにWwiseのサウンドエンジンはプリフィルされたバッファを使用します。デフォルト設定で、サウンドエンジンはこのバッファを4つ使用します。ただし、Wwiseの使用中にパフォーマンス上の問題が発生する場合の対策として、サウンドエンジンが使うバッファ数を調整することもできます。

[注釈] 注釈

サウンドの再生中やゲームに接続した状態で、バッファ数を変更することはできません。

Wwiseでサウンドオブジェクトを再生する時にボイススターベーションが発生しているようであれば、アウトプットバッファ数を増やしてみてください。逆に、再生レイテンシを減らしたい時は、バッファ数を減らしてみてください。

[注釈] 注釈

アウトプットバッファ数を変更すると、サウンドエンジンがリセットされる。その結果、サウンドオブジェクトのプロパティ値がイベントによって変化した場合、この変更は失われます。例えば、試聴していたサウンドのボリュームがイベントによって減少した時に、アウトプットバッファ数を変更すると、サウンドのボリュームは元に戻ります。

アウトプットバッファのレイテンシを設定するには:

  1. メニューで、Audio > Audio Preferencesをクリックする。

    Audio Preferencesダイアログボックスが開く。

  2. グループボックスSound Engineで、アウトプットバッファ数をリストから選択する。かっこ内の数字は、該当するレイテンシを示す。

  3. OKをクリックして、設定を保存する。

    これで、Wwiseでサウンドを再生する時にサウンドエンジンは指定されたアウトプットバッファ数を使う。