メモリ関連のトラブルシューティング

各種メモリプールの初期サイズを設定してから、ゲームを稼働させて、問題がないかを確認します。ここでは、発生した問題を検知するために、Profilerが重要なツールとなります。

WwiseのProfilerで、ゲーム中にメモリアロケーションが失敗すると、必ず警告通知(Warning notification)が、キャプチャーログ(Capture log)に送られます。ゲームプレイ中のどのポイントで、どのメモリプールのメモリが不足していたかを、Warning Notificationリストで確認できます。

Profilerの使用については34章Profilingを参照してください。