目次

概要

Wwiseの機能やプロジェクトプロパティを、コントロールサーフェスからコントロールできます。WwiseはMIDIプロトコルやMackieプロトコルに対応しています。また、iOSやAndroidのデバイスで、TouchOSCアプリケーションと合わせてMIDIに対応するTouchOSC Bridgeを使うと、Wwiseでも使えます。