目次

サイドチェインを使う

ダイナミックミキシングは、ビデオゲームでよく行われます。オーディオのフォーカスを絞るために、リアルタイムパラメータコントロール、ミックスイベント、ミキサースナップショットなどが頻繁に使われます。サイドチェインも、ゲームの状況を明確にする、パワフルなツールの1つです。

サイドチェインでは、特定のオーディオ信号のレベルをモニタリングし、それを使いほかのオーディオ信号を操作します。確立されているサイドチェインの例として、ラジオ放送でDJが話すと、自動的に音楽のボリュームがダッキングされます。音楽プロダクションでは、周波数スペクトルの底辺のエネルギーを制御するために使われ、ベースドラムが素早くベースボリュームをダッキングします。

以下のページで、サイドチェインをゲームに採用する方法や、それをWwiseで応用する具体的な方法などを説明します。