バージョン

サウンドオブジェクトとは?

Actor-Mixer Hierarchyの基盤を成すのがサウンドオブジェクトです。サウンドオブジェクトは、プロジェクト用に作成した個別のオーディオアセットを表します。サウンドオブジェクトには、ダイアログ用のサウンドボイスと、Actor-Mixer Hierarchy内のほかのすべてのサウンドに使えるサウンドSFXの、2種類があります。

なお、各サウンドオブジェクトに1つのソースが含まれ、このソースがゲーム中に再生される実際のオーディオコンテンツを決定します。Wwiseでは、オーディオソースとプラグインソースの2種類のソースが使われます。

最も一般的なソースが、オーディオソースです。オーディオソースが、インポートしたオーディオファイルとサウンドオブジェクトの間の別レイヤとなります。プロジェクトにインポートされるオーディオファイルにリンクされている。

操作性と柔軟性を高めて、多言語やマルチプラットフォームのゲーム開発に対応するために、Wwiseのサウンドオブジェクトに複数のソースを入れることもできます。これらのオーディオソースは様々なオーディオファイルにリンクできるので、可能なサウンドを次々に試したいときや、同じサウンドを表すために複数のランゲージバージョンを用意する場合などに便利です。

[注釈] 注釈

選択したオーディオソースだけが、生成するSoundBankに含まれます。

また、プラットフォームごとに、サンプルレートなどのコンバージョン設定を変える場合は、1つのオーディオファイルに複数のオーディオソースをリンクできます。