バージョン

概要

Wwiseでは、全てのアセットと、対応予定のプラットフォームやランゲージのプロパティや動作設定が、1つのプロジェクトに入ります。 このプロジェクトの中に、Events、Presets、ログ、シミュレーションなどのWwiseエレメントや、これから生成するSoundBanksなどが含まれます。つまり、全ての作業成果がプロジェクトに入るので、チームで作業している場合は、メンバー全員の作業成果が含まれることになります。

1つのゲームに対して、Wwiseで使うプロジェクトは1件だけです。 ただし、1つのプロジェクトを複数のWork Unitに分割することができます。Work Unitについては「プロジェクトをWork Unitで分割」を参照してください。

プロジェクト開発のスタート地点となるのが、プロジェクトを作成して開くProject Launcher画面です。プロジェクトを作成すると、ワークステーションやネットワーク上の任意の場所に、複数のフォルダが作成されます。

Wwiseプロジェクトは、プロジェクトの複数のバージョンやユーザーを効率的に管理するために、各種プロジェクトエレメントのXMLファイルが入った複数のフォルダによって構成されています。典型的なプロジェクトフォルダに含まれるフォルダを、以下に示します。

  • .cache - プロジェクトにインポートしたSFXアセット、ボイスアセット、プラグインアセットなどの、コンバージョン後のバージョン。ソースコントロールシステムにこのフォルダを含めてはいけない。

  • Actor-Mixer Hierarchy― プロジェクトのサウンド構造やモーション構造の、デフォルトワークユニットやユーザーが作成したワークユニット。

  • Attenuations - プロジェクトの減衰用のDefault Work Unitやユーザーが作成したWork Unit。

  • Conversion Settings - プロジェクトのコンバージョン設定ShareSetの、Default Work Unitやユーザーが作成したWork Unit。

  • Dynamic Dialogue― プロジェクトのダイアログイベントの、デフォルトワークユニットやユーザーが作成したワークユニット。

  • Effects - プロジェクトのエフェクトShareSetの、Default Work Unitやユーザーが作成したWork Unit。

  • Events - プロジェクトのイベントの、Default Work Unitやユーザーが作成したWork Unit。

  • Game Parameters - Game Parameterの、Default Work Unitやユーザーが作成したWork Unit。

  • Interactive Music Hierarchy― プロジェクトのミュージック構造の、デフォルトワークユニットやユーザーが作成したワークユニット。

  • Master-Mixer Hierarchy― プロジェクトのアウトプットルーティングの、デフォルトワークユニットやユーザーが作成したワークユニット。

  • Mixing Sessions - ミキシングセッションの、Default Work Unitやユーザーが作成したWork Unit。

  • Originals - プロジェクトにインポートしたアセットなどの、オリジナルの正確なコピー 。

  • Presets - プロジェクトのプリセットの、Default Work Unitやユーザーが作成したWork Unit。

  • Queries - クエリの、Default Work Unitやユーザーが作成したWork Unit

  • SoundBanks - SoundBankの、Default Work Unitやユーザーが作成したWork Unit。プロジェクトのSoundBankを生成すると、新規Generated SoundBanksフォルダが表示される。

  • Soundcaster Sessions - サウンドキャスターセッションの、Default Work Unitやユーザーが作成したWork Unit。

  • States - Stateの、Default Work Unitやユーザーが作成したWork Unit。

  • Switches - Switchの、Default Work Unitやユーザーが作成したWork Unit。

  • Triggers - Triggerの、Default Work Unitやユーザーが作成したWork Unit。

  • IncrementalSoundBankData.xml - 生成されたすべてのSoundBankのリストで、名前、ユニークハッシュ、タイムスタンプを含む。Wwiseはこのファイルを使い、SoundBankが変更されたかどうかを確かめる。変更されていなければ再生成せず、Generating SoundBanksダイアログの、Created列に、"Up to Date"と記録される。ソースコントロールシステムにこのフォルダを管理してはいけない。

  • .validationcache - 現在のXMLスキーマバージョンに対して検証済みの、プロジェクトの全ファイルのリスト。検証済みのファイルを把握しておくことで、Wwiseでプロジェクトをロードする時に、そのファイルを毎回検証する必要がない。これにより、Wwiseのプロジェクトロード時間が大幅に削減できる。ソースコントロールシステムにこのフォルダを管理してはいけない。

  • .wsettings - 現在のプロジェクト用のデフォルトコンバージョン設定や、その他のオブジェクト設定。これらの設定はユーザー別に保存される。ソースコントロールシステムにこのフォルダを管理してはいけない。

  • .wproj - Wwiseのプロジェクトファイル。プロジェクトアイコンをダブルクリックすると、プロジェクトが開く。

プロジェクトを作成した後に、全体を複数のWork Unitに分けて、ゲームのデザインに従いアセット構造を構築し始めます。同時に、Master-Mixer Hierarchyでプロジェクトのルーティング構造を構築し、プロジェクトのゲームシンクも作成します。

これらのフォルダ以外にも、プロジェクトのインテグレティレポートのファイルや、SoundBankのプロジェクトヘッダファイルなど、他のファイルが存在することもあります。

Wwiseのプロジェクトや各種フォルダは、外部のソースコントロール管理ツールと簡単にインテグレートできるように設計されています。複数のプロジェクトユーザーがいる場合の管理方法については 6章Workgroupの活用を参照してください。