ご使用のWwise バージョン
arrow_right 目次
Wwise SDK 2018.1.11
クイックスタートサンプル統合 - 言語とボイス

ボイスおよび言語統合例

ファイルロケーションの解決 で、説明したように、言語固有ファイル(サウンドバンクとストリーミングオーディオファイル)は、低レベルI/Oシステムに管理されます。デフォルトの低レベルI/Oシステム CAkDefaultLowLevelIO は、AK::StreamMgr::SetCurrentLanguage() への呼び出しで、言語固有のサブディレクトリ名を設定した場合、これをサポートします。

次のコードは、以下の方法で現在の言語を変更します:

  1. 現在ロードされている言語固有のサウンドバンクをアンロード
  2. AK::StreamMgr::SetCurrentLanguage() への呼び出しで言語固有のパスを変更
  3. 言語固有のサウンドバンクをリロード
#define BANKNAME_HUMAN L"Human.bnk"
(...)
// Unload language-specific banks that are currently loaded
AK::SoundEngine::UnloadBank( BANKNAME_HUMAN, NULL );
// Change the language-specific path
// Reload the banks we've just unloaded, this time in the new language
AkBankID bankID;
AK::SoundEngine::LoadBank( BANKNAME_HUMAN, AK_DEFAULT_POOL_ID, bankID );

サンプルプログラム内の"Current language(現在の言語)"ドロップダウンリストでこれを試すことができます。

デフォルト低レベルI/Oモジュールについての更なる情報は、デフォルト低レベル I/O の実装 を、ファイルのローカリゼーション詳細については、ファイルロケーションの解決 を参照してください。

サウンドバンク識別の詳細については、バンクの識別 をご覧ください。

Note: このサンプルコードは、サンプル セクションにある Sound Engine Integration Sample Project(サウンドエンジン統合サンプルプロジェクト)に由来しています。詳細は、Integration Demoサンプル をご覧ください。