目次

Wwise SDK 2018.1.11
リリースノート 2016.1

次のセクションでは、Wwiseバージョン2015.1.7とバージョン2016.1の間での変更点を挙げ、説明します。以前のバージョンの詳細については、 以前のリリースノート をご覧ください。オンラインヘルプを使用する場合は、目次カラムの最上段にあるリストから、異なるバージョンのWwise を選択することもできます。

プラットフォームSDKアップデート

  • Android: armeabi-v7a ビルド構成は、NEON 命令セットが利用できると仮定します。

新機能

  • WG-15054 Game Object 3Dビューワーに複数のポジションがあるゲームオブジェクトの表示が可能に。
  • WG-17823 Project Explorerブラウザに検索フィールドを追加。
  • WG-24758 Wwiseサウンドエンジンにアンビソニックへのサポートを追加。
  • WG-26555 Vorbisのオーディオファイルをオフライン解凍のサポートを追加し、解凍後オーディオをメモリに保存できるようにした。
  • WG-27265 Wwise Object PathをXMLならびにJSON SoundBank 記述子に追加。
  • WG-27299 AK::SoundEngine::PostMIDIOnEvent および AK::SoundEngine::StopMIDIOnEvent を追加し、特定のイベントオブジェクトでMIDIイベントをいくつか実行できるようにした
  • WG-27432 High DPI モニターのサポートを追加。
  • WG-27484 LFO Frequency 最小値を 0.02 から 0.001へ変更。
  • WG-27598 Sony Audio3d プラグインにアンビソニックのサポートを追加。
  • WG-27691 新しい Wwise CLI option-AbortOnLoadIssues を追加して、プロジェクトの読み込みに問題が検知された場合、コマンドをアボートさせる。
  • WG-27822 新オプション Synchronize modified objectsをRemote Connection ダイアログに追加し、オーサリングセッション中に触れたすべてのオブジェクトをWwiseがセンドできるようにした。
  • WG-28377 -NoDecode コマンドラインオプションを追加して、 .decoded ファイルの生成を排除。
  • WG-28417 PCM、ADPCM、およびVorbisコードにアンビソニックのサポートを追加。
  • WG-28419 アンビソニック (AMB) ファイルのインポートと再生のサポートを追加。
  • WG-28420 オーディオバスにアンビソニックのサポートを追加。
  • WG-28421 Wwise Compressor、Wwise Delay、Wwise Expander、Wwise Flanger、Wwise Gain、Wwise Guitar Distortion、Wwise Harmonizer、Wwise Meter、Wwise Parametric EQ、Wwise Peak Limiter、Wwise Pitch Shifter、および McDSP FutzBoxでアンビソニックのサポートを追加
  • WG-28428 Wwise Launcherで、Wwise のインストールとプロジェクトを管理。
  • WG-28664 (Mac Authoring) OS XにNuendoのGame Audio Connectを追加しました。
  • WG-28708 -SetTitleBarText コマンドラインオプションを追加して、Wwise Authoring ウィンドウ名にテキストを追加。
  • WG-28710 タブ区切りのUTF8ならびにUCS2ファイルのインポートのサポートを追加。
  • WG-28721 Wwise Compressor、Wwise Convolution Reverb、Wwise Delay、Wwise Expander、Wwise Flanger、Wwise Gain、Wwise Guitar Distortion、Wwise Harmonizer、Wwise Meter、Wwise Parametric EQ、Wwise Peak Limiter、Wwise Pitch Shifter、Wwise Recorder、McDSP FutzBox、Auro Headphone、およびIOSONO Proximityに7.1.4オーディオのサポートを追加。
  • WG-28814 Wwise Wave Viewerでアンビソニックファイルのサポートを追加。
  • WG-28816 現在の選択に対し「Convert for all platforms」および 「Convert for current platform」のキーボードショートカットを追加。
  • WG-28836 新しいAPI関数 AK::SoundEngine::GetBackgroundMusicMute() を追加し、BGMバスの状態を取得する。また、新しいコールバックを AkInitSettings.BGMCallback に指定して、この状況の変化の通知を取得します。これは、エンドユーザーが音楽を再生または停止するたびにトリガーされます。
  • WG-28874 ゲームオブジェクトに複数のポジションを設定する際、ポジションに特定のチャンネルを割り当てることができるようになり、この結果3Dワールドでの個々のチャンネルの配置に幅広い柔軟性を持たせることが可能になりました。詳細については AK::SoundEngine::SetMultiplePositions() を参照して下さい。
  • WG-28889 サウンドエンジンAPIから、バス構成を設定することが可能になりました。
  • WG-28967 Wwise Perforce プラグイン名とバージョンを追加して、Perforceサーバログで適切に特定できるようになりました。
  • WG-28982 iOSならびにtvOSで複数チャンネルのサポートを追加。
  • WG-29075 いくつかのワークグループでの操作のための、キーボードショートカットを追加。外部エディタでの編集に、キーボードショートカットを追加。
  • WG-29134 Reverb チェックボックスを追加して、Auro ヘッドホンのリバーブ有効/無効設定を使用できるようにした。
  • WG-29143 オーディオデバイスを接続/接続解除する際、Wwiseでチャンネル構成の適用をサポート。
  • WG-29199 RoomVerb プラグインでアンビソニックのサポートを追加。
  • WG-29420 ユーザー定義3D上下ポジショニング(Z軸)にRTPCを追加。
  • WG-29506 APIでSecondary Output プラグンが選べるオプションを追加。
  • WG-29532 3D プロファイラーで、ゲームオブジェクトポジションのトップべクターを追加。
  • WG-29544 Wwise Wave Viewerで、6.x、11.x、および13.x WAVファイルのサポートを追加。
  • WG-29608 Androidでの複数チャンネルサポートを追加。 詳細については、2015年1月 新機能概要 を参照してください。

詳細については、新機能概要 2016.1 を参照してください。

APIの変更

  • WG-21648 AK::SoundEngine::GetSourcePlayPositions() 関数を追加して、イベントがトリガーしたすべてのサウンドの位置の取得が可能に。
  • WG-27609 プラグイン登録モデルとSDKを見直し、動的なプラグインのリンクを可能にした。
  • WG-28215 すぺての種類のプラグインで、 GetDownstreamGain() プラグインサービスの利用が可能に。
  • WG-28254 クエリ関数 AK::SoundEngine::Query::GetRTPCValueByPlayingID() を追加。
  • WG-28259 AK::Wwise::IAudioPlugin::GetSourceDuration() メソッドの追加。
  • WG-28434 移行の注記を更新。
  • WG-28482 MP3ソースプラグインサンプルを削除。
  • WG-28507 音楽グリッドタイミングを AkSegmentInfo に移動して、後者を音楽同期コールバックと AK::MusicEngine::GetPlayingSegmentInfo() から使用できるようした。
  • WG-28509 uMaxNumTransitions パラメーターを AkInitSettings 構造から削除。トランジションの最大数は、必要に応じて自由に増やすことができます。トランジションスティーリングシステムが存在しないので、システムのメモリが不足しない限りすべてのトランジションが尊重されます。トランジションを適切に使う責任はゲームにあります。
  • WG-28549 AkPlatformInitSettings::bHwCodecLowLatencyMode を追加して、XMA ならびに ATRAC9 デコーディングに低レイテンシーを使用する。
  • WG-28789 AK::AddSecondaryOutput()、AkInitSettings および AkOutputSettings を調整して、Audio Device プラグインパラメータをサポート。詳細は、重要な移行の注意 2016.1 を参照してください。
  • WG-28938 AK::MemoryMgr::PoolMemInfo のデフォルト値の初期化を修正。
  • WG-29203 AK::IAkMixerInputContext::IsPositioningEnabled() を、より便利な AK::IAkMixerInputContext::IsSpatializationEnabled() に置き換え。
  • WG-29510 「Mix...()」メソッドを AK::IAkMixerPluginContext から AK::IAkGlobalPluginContext へ移動。AK::IAkGlobalPluginContext は 、 AK::IAkPluginContextBase::GlobalContext() を介してアクセスできます。
  • WG-29771 メディアIDを AkCallbackType::AK_Duration コールバックに追加。

動作の変更

  • WG-27475 Vorbisが、新規のWwiseプロジェクトで、新規変換設定オブジェクトに対し有効なデフォルトとなるテーブルを探しに行く様に設定する。
  • WG-28015 あるソフトウェアプラットフォームで、クロスプラットフォーム接続を追加。
  • WG-28463 サンプル アキュレート継続コンテナを、インスタンスリミッターのための2つのボイスではなく、1つとしてカウントする様に変更。
  • WG-28770 標準構成の3Dポジションを算出するのに使用するデフォルトのスピーカー角度を少し変更 (5.1 ならびに 7.1)。

パフォーマンスの変更

パフォーマンスの変更

  • WG-27251 ハードウェアコーデック (ATRAC9 ならびに XMA)で性能を向上。
  • WG-27573 修正済み:Vorbis Max Packet の要件が、ストリーミングでキャッシュがスムーズに動作することを防ぐ。
  • WG-27733 ライブMIDI再生のための、MIDI Control Surfacesのレイテンシー減少。
  • WG-28278 Event Action 処理のための性能向上。

バグ修正

バグ修正

  • WG-27287 修正済み: Mixerプラグインの属性で、RTPCをコピー アンド ペーストが可能。
  • WG-27491 修正済み: 1つのフレームでバーチャルからフィジカルに一度に戻った場合、ボイスがインスタンスの制限を超える。
  • WG-27559 修正済み: iZotope Effectが時々、間違ってプラグインメディアが利用できないと報告する。
  • WG-27574 修正済み: 「Unregistered Game Object」(未登録のゲームオブジェクト) というエラーメッセージがあまり有用でない。
  • WG-27575 修正済み: iZotope Hybrid Reverb がメディアのリロケーションをサポートしない。
  • WG-27691 修正済み: コマンドラインから SoundBanks を生成すると、Project Load Error (プロジェクト読み込みエラー) が報告されない。
  • WG-28069 修正済み: (PS4) PS4でのハードウェア応答を失うことで、システムがハングアップする。
  • WG-28143 修正済み: FilePackagerでSoundbankInfo.xmlをインポートする際、BasePlatformが認証されない。
  • WG-28233 修正済み: (Mac オーサリング) 新規のインストール後、ウィンドウのサイズ変更、または移動ができない。
  • WG-28259 修正済み: ソースプラグインに対し、SoundbanksInfo.xmlで持続時間が報告されない。
  • WG-28336 修正済み: (PS4) スーパーフレームで ATRAC9 5.1 オーディオを再生するとアサートする。
  • WG-28361 修正済み: (Xbox One) XMA 4.0オーディオを再生するとアサートする。
  • WG-28389 修正済み: エンベロープで、「Stop Playback on Release 」オプションを有効にすると、そのエンベロープが終了した時にすべての子コンテナもまた停止する。
  • WG-28441 修正済み: Triggerコンテナが、 BlendコンテナまたはContinuous サブコンテナの親である場合、トリガーレート時間が正確でない。
  • WG-28617 修正済み: Motion Bus Voice VolumeのRTPCが動作しなし。
  • WG-28687 修正済み: ノードとProperty EditorのAll Propertiesタブにあるその子の順番が、アプリケーション起動時にランダムに決定される。
  • WG-28691 修正済み: 永続する展開/折りたたみノードの表示が壊れている。
  • WG-28813 修正済み: bUseLEngineThreadfalse に設定されている場合 、 SoundEngine::SetRandomSeed が動作しない。
  • WG-28967 修正済み: Perforceプラグインが、名称とバージョンの入ったPerforceログで正確に自信を認識しない。
  • WG-29010 修正済み: AT9ストリームがループポイント近傍でデータ枯渇が発生すると、PS4で不正終了する可能性。
  • WG-29044 修正済み: オーサリングツールで同時に何かが再生されている間、ゲームからWwiseを接続解除すると、すべてのゲームサウンドが停止する可能性がある。
  • WG-29820 修正済み: デフォルトのメモリープールが一杯の場合、CAkRTPCSubscriberNode::PushParamUpdate_Scoped() がクラッシュする。
  • WG-29851 修正済み: デフォルトのメモリープールが一杯の場合、CAkMidiNoteEvent::ScheduleMidiEvent() がクラッシュする。
  • WG-29865 修正済み: AK::StreamMgr::CAkAutoStmBase::GetThroughput() でアサートする。
  • WG-29955 修正済み: Active Rangeが0の場合、サウンドは不正にHDR Windowに影響を与えます。
参照