目次

Wwise SDK 2018.1.11
リリースノート 2016.2.3

次のセクションでは、Wwiseバージョン2016.1.2とバージョン2016.2.3の間での変更点を挙げ、説明します。

新プラットフォーム

  • WG-30253 (Switch) WwiseはNintendo SwitchコンソールとそのOpusサウンドエンコーディングをサポートするようになりました。

新機能

  • WG-32545 (Windows) WindowsでXbox Oneトリガのモーションサポートが追加されました。Xbox One Motion Triggerは、PC上のUWP(Universal Windows Platform)アプリケーションでサポートされるようになりました。ビルドにはWindows 10 SDK 10.0.14393 が必要です。

プラットフォームSDKアップデート

  • Switch SDK SDKのバージョンは0.12.13です。

バグ修正

  • WG-30417 修正済み:SoundBank の生成がとても遅い。
  • WG-31200 修正済み: Stateを変更した後、Mixing Deskは関連するState Group のパラメータ値を表示しません。
  • WG-32274 修正済み:AkPlatformInitSettings.pJavaVMが設定されていないとクラッシュする。
  • WG-32551 修正済み:Multi Editor ビューが開いている場合、複数選択時に遅くなる。
  • WG-32597 修正済み:一部のタブ区切りのインポートシナリオにおいてルートで作成されたオブジェクト。
  • WG-32606 修正済み:タブ区切りのインポートで同じオブジェクトを2回繰り返すと、多くのコピーが作成される。
  • WG-32617 修正済み: モーションボリュームオフセットがHDRウィンドウに影響する。
  • WG-32776 Fixed: 複数選択をすると、選択のフォーカスが変わります。
  • WG-32800 Fixed: FilePackagerのソースがありません
  • WG-32856 修正済み: iZotope Hybrid Reverb's の Front StereoまたはRear StereoでWet または Dry Levelを設定することはできません。
  • WG-32867 修正済み: Blend ContainerをContinuousモードで再生する時のオーディオの乱れ。
  • WG-32934 Fixed: Wwiseオーサリングが、ボイスのインポートやローカリゼーションの時にクラッシュします。