目次

Wwise SDK 2018.1.11
リリースノート 2016.2.5

次のセクションでは、Wwiseバージョン2016.2.4とバージョン2016.2.5の間での変更点を挙げ、説明します。

動作の変更

  • WG-33961 2016.1より前の外部ソースやストリーミングWEMファイルを、Wwise 2016.1以降のバージョンで読み込めるようになりました。

プラットフォームSDKアップデート

  • Xbox One XDK: XDK 170301 (2017年3月 QFE 1) へアップデートしました

バグ修正

  • WG-32252 & WG-34024 修正済み: 子オブジェクトがオーバーライドして、親のブレンドコンテナと同じ出力バスに出力すると、Bus Voice Propertiesが誤って2回適用されてしまいます。
  • WG-32484 修正済み: リモート接続時の CAkPBI::VirtualPositionUpdate() のクラッシュ。
  • WG-32987 修正済み: 再生中に一部のファイルの終わりに到達した時に、(Switch) Opusデコーダーが失敗します。
    Note: この修正を有効にするには、.cacheフォルダと生成されたSoundBanksを手作業でクリアする必要があります。
  • WG-33393 修正済み: Blend Containerの子オブジェクトが、親Blend Containerと同じ出力バスにオーバーライドすると、子オブジェクトのプロパティ値が誤ってバスの値に追加されます。
  • WG-33405 修正済み:(Android)Android Platform の設定で c\ jNativeActivity が設定されていない場合、Androidプラットフォームでクラッシュする可能性があります。
  • WG-33413 修正済み: Source of Overrideクエリが、壊れています。
  • WG-33448 修正済み: Inconsistent source statusエラーが、断続的に誤って表示されます。
  • WG-33603 修正済み:(iOS) Suspend が呼び出されたときにinit でクラッシュします。
  • WG-33816 修正済み:(Android)ゼロ除算によってクラッシュします。
  • WG-33956 修正済み: サンプルアキュレートなトランジションが設定されているRandom ContainerやSequence Containerで、その子コンテナにトリガーレートのトランジションが設定されていると、Wwiseがクラッシュすることがあります。
  • WG-34020 修正済み: WwiseのSoundBank生成の'Collecting SoundBank information'の段階で、ミュージックオブジェクトが関係すると、時間がかなりかかることがあります。
  • WG-34028 修正済み: (PS4) ソークテスト中に、稀にデッドロック(12時間以上)が発生します。
  • WG-34207 修正済み: シンクプラグインが失敗した時に、デフォルトのシンクに戻らないので、サイレンスが発生します。
  • WG-34226 オーディオバッファにある無効サンプル用に、デバグツールを追加しました(デフォルトはオフ)。
  • WG-34243 修正済み: (Switch) Opusデコード開始時の、パフォーマンスに問題があります。
  • WG-35118 修正済み: CAkRTPCMgr::SetBuiltInParamValue()で、稀にクラッシュします。