目次

Wwise SDK 2018.1.11
リリースノート 2017.1.2

次のセクションでは、Wwiseバージョン2017.1.1とバージョン2017.1.2の間での変更点を挙げ、説明します。以前のバージョンの詳細については、 以前のリリースノート をご覧ください。オンラインヘルプを使用する場合は、目次カラムの最上段にあるリストから、異なるバージョンのWwise を選択することもできます。

バグ修正

  • WG-33811 修正済み: いくつかのダイナミックルーティングシナリオにおいて、AUXバスのミュートやソロ機能が、期待通りの動作をしません。
  • WG-34217 修正済み: 出力バスパラメータのRTPC関連の問題。
  • WG-34289 修正済み: ミキサープラグインの子バスとしてミキシングバスがある場合、プロジェクトに変更が一切なくても、生成されるInit.bnkに違いが出る可能性があります。
  • WG-34317 修正済み: (PS4) バンクにATRAC9が含まれていなくても、ATRAC9アラインメントがあります。
  • WG-34396 修正済み: Tab Delimited Import(タブ区切りインポート)と、WAAPIインポートで、重複する項目が生じます。
  • WG-34501 修正済み: 大きいState Groupsのある、生成後のSoundBanksに、エラーが発生します。
  • WG-34504 修正済み: サンプルアキュレートのトランジションを使う時に、メディアが複数のバンクで複製されている場合、まれにバンクをアンロードする時にクラッシュします。
  • WG-34509 修正済み: (Spatial Audio) SetEmitterPosition によってバーチャルポジションのデータが破損してしまうので、クラッシュを引き起こす可能性があります。
  • WG-34512 修正済み: ループポイント同士を逆にした時に、Invalid File Headerエラーが発生します。
  • WG-34540 修正済み: (WAAPI) リクエストが4,096バイトを超える時に、Wwiseがクラッシュすることがあります。
  • WG-34542 修正済み: (PS4) アクティブな出力デバイスが2つある場合、シャットダウン時にクラッシュします。
  • WG-34545 修正済み: (WAAPI) Switch Containerの割り当て、Eventの作成、 Dialogue Eventの作成が、ak.wwise.core.audio.importを使っている時は行えません。
  • WG-34551 修正済み: バスのStatesを使ったライブミキシングが、プロジェクトロード時に動作しません。
  • WG-34577 修正済み: (Switch) AkIsValidThreadで、初期化スレッドのステータス認証がありません。
  • WG-34593 修正済み: まれに、プロジェクトでオーディオファイルをHDRを使って変換する時に、Wwise Authoringがフリーズします。
  • WG-34597 修正済み: テクスチャのパラメータが、音の再生中にアップデートされません。
  • WG-34603 修正済み: IBM Text-To-Speechで生成したWAVファイルをインポートして再生する時に、クラッシュします。
  • WG-34607 修正済み: まれに、Event ViewerペインでCtrl+Xを押すとクラッシュします。
  • WG-34608 修正済み: Music Trackプリセットを保存する時に、クラッシュします。
  • WG-34612 修正済み: (Spatial Audio) リフレクションパスを計算する時に、同一平面上の三角形同士で、オクルージョンの発生が可能です。
  • WG-34617 修正済み: macOSで、External EditorのOpenが、期待通りの動作をしません。
  • WG-34634 修正済み: まれに、Dialogue Eventの作成を取り消して、またやり直すと、Undoスタックが破損します。
  • WG-34637 修正済み: Music Editorルーラーのテキストが、高DPI画面では、切り捨てられてしまいます。
  • WG-34641 修正済み: 古いWwiseプロジェクトで、あるランゲージ特有のソース排除が使われていると、移行が失敗します。
  • WG-34643 修正済み: UnloadBank が、AK::InitSettings::bUseSoundBankMgrThreadfalseに設定されている場合、誤ったエラーコードを返すことがあります。
  • WG-34647 修正済み: CopyStreamedFiles: -includedFilesInBanksオプションを、Zero Latencyメディアで使う時に、アサートします。
  • WG-34688 修正済み: TrimBegin と、 TrimEnd のオプションが、同じサブスクリプションIDを返しました。
  • WG-34708 修正済み: 非常に近い壁の場合、ダイレクトサウンドから一時反射までのディレイが、不要に長すぎます。
  • WG-34716 修正済み: Acoustic Texture Editorに、RTPCタブが表示されるべきではありません。
  • WG-34727 修正済み: まれに、反射をソロにするとクラッシュします。
  • WG-34774 修正済み: バスピッチのRTPCが、インタラクティブミュージックに適用されます。
  • WG-34793 修正済み: Wwise Reflectのディレイラインが、ディレイを正しくアップデートしません。


参照