目次

Wwise SDK 2018.1.11
リリースノート 2017.1.5

次のセクションでは、Wwiseバージョン2017.1.4とバージョン2017.1.5の間での変更点を挙げ、説明します。以前のバージョンの詳細については、 以前のリリースノート をご覧ください。オンラインヘルプを使用する場合は、目次カラムの最上段にあるリストから、異なるバージョンのWwise を選択することもできます。

プラットフォームSDKアップデート

  • Xbox One XDK: XDK 170601 (2017年6月QFE 3)へのアップデート
  • PS4 SDK:: SDKを5.008.041へアップデート
  • Mac, iOS, tvOS:Xcode 9.1へ更新

バグ修正

  • WG-34842 修正済み: 音速を大幅に変更すると、Reflectでグリッチが発生する可能性があります。
  • WG-34954 修正済み: Reflect Effect Editorのグラフに表示されるカーソルの順番が、分かりにくいです。
  • WG-35079 修正済み: Reflect Effect Editorに表示されるリフレクションのミュートまたはソロのステータスが、ゲームから切断しても維持されてしまいます。
  • WG-35850 修正済み: リフレクションがMax Distanceを超える場合に、Reflect Effect Editorカーブにカーソルが表示されません。
  • WG-35996 修正済み: Pitchノードで、初期化されていないメモリ使用の可能性により、出力でサイレントまたは破壊されたオーディオチャンネルが生じます。
  • WG-36009 修正済み: RTPCで動かすAuxiliary Busに対するEffect Bypassが、バスを初期化すると無視されます。
  • WG-36032 修正済み: Acoustic Texturesのライブ編集が失敗することがあります。
  • WG-36076 修正済み: ゲームオブジェクトのデータを正しく扱わないと、ポジショニングコードにガベージが入ってしまうことがあります。
    • WG-36130 修正済み: 線形補間されたゲームパラメータで、直前に SetRTPCValue() があると、 ResetRTPCValue() が失敗します。
  • WG-36173 修正済み: まれにエミッターとリスナーのフロントベクトルが完全に一致したときに、3Dポジショニングが一定しません。
  • WG-36176 修正済み: Reflectカーブの色が、オーサリングツールの色と一致しません。
  • WG-36253 修正済み: イメージソースがMax Distanceの上と下で動くときに、Reflect Effect Editorのリフレッシュに問題が起きます。


参照