目次

Wwise SDK 2018.1.11
リリースノート 2017.2.5

次のセクションでは、Wwiseバージョン2017.2.4とバージョン2017.2.5の間での変更点を挙げ、説明します。以前のバージョンの詳細については、 以前のリリースノート をご覧ください。オンラインヘルプを使用する場合は、目次カラムの最上段にあるリストから、異なるバージョンのWwise を選択することもできます。本リリースはバグ修正リリースであり、このため、2017.2.xの全バージョンに関して、プロジェクト、バンク、APIは、変更しなくても互換性が保たれます。

プラットフォームSDKアップデート

  • Switch SDK: SDKを4.5.0.へアップデート
  • 実験的に、Magic Leap (Lumin OS) プラットフォームのサポートを追加しました。

バグ修正

  • WG-37393 修正済み: プロパティのRandomizerアイコンをダブルクリックしても、Randomizerビューが起動しない場合があります。
  • WG-37564 修正済み: RoomVerbエフェクトに追加するサンプル数が奇数の場合、ハングまたはクラッシュする可能性があります。
  • WG-37587 修正済み: 使えなくなったWAAPIサンプルがあります。
  • WG-37609 修正済み: (PS4) AkLockが初期化されていなメモリを使用します。
  • WG-37617 修正済み: Random ContainerのTrigger Rate Durationが、Statesを無視します。
  • WG-37733 修正済み: Game Objectのミュートボタンやソロボタンが、プロファイリング中でない場合にアップデートしません。
  • WG-37746 修正済み: Convolution Reverbと、オーディオバッファの2のべき乗以外のフレーム数の問題。
  • WG-37768 修正済み: (PS4) オブジェクトのポジションが、リスナーのオリエンテーションに適応しないという、SCE Audio3dのリグレッションが起きます。
  • WG-37785 修正済み: (PS4) 2つ目のデバイスを追加したときに、レースコンディションやクラッシュが発生する可能性があります。
  • WG-37819 修正済み: あるMIDIコンテンツをレファレンスするバンクのアンロード中に、そのMIDIコンテンツを再生すると、クラッシュする可能性があります。
  • WG-37895 修正済み: クラッシュレポートに基づいた、Property Editor内のランダムなフィックス。
  • WG-37942 修正済み: ローカリゼーション用のファイルやフォルダを、インポートできません。
  • WG-37943 修正済み: バス階層を変更したあとに、接続すると、CAkBus::GetDeviceSharesetがクラッシュします。
  • WG-37958 修正済み: (iOS) Bluetoothデバイスが接続された状態でサウンドエンジンをスタートすると、フリーズする場合があります。
  • WG-37991 Fixed: バスが、そのバス自身のほかのインスタンスに対してセンドできません(Wwise Spatial AudioのRoomやPortalに影響します)。
  • WG-38110 修正済み: 同じルームに続く複数のポータルに誤ったwet diffraction値がアサインされ、このためルームのゲームオブジェクトのオブストラクション値も、誤ってしまいます。


参照