目次

Wwise SDK 2018.1.11
リリースノート 2018.1.10

次のセクションでは、Wwiseバージョン2018.1.9とバージョン2018.1.10の間での変更点を挙げ、説明します。以前のバージョンの詳細については、 以前のリリースノート をご覧ください。本リリースはバグ修正リリースであり、このため、2018.1.xの全バージョンに関して、プロジェクト、バンク、APIは、変更しなくても互換性が保たれます。

Note: プラグイン開発者へ このWwiseバージョンは、Wwise 2018.1でビルドしたプラグインをサポートします。以前のバージョンのWwiseでビルドされたプラグインは、開発者が互換性のあるバージョンでリコンパイルして、リパッケージする必要があります。

プラットフォームSDKアップデート

  • Stadia SDK: SDK 1.36にアップデート。
  • Xbox One XDK: XDKを10.0.17134.5063 (2018年7月 qfe9) にアップデート。
  • Switch SDK: SDKを8.3.1へアップデート

新機能

  • WG-43747 (Stadia) Motionのサポートを追加しました。
  • WG-44062 (NX) ヘッドフォンが接続されていると自動的にパンニングルールを切り替える、新しいプラットフォーム設定。
  • WG-44670 (Stadia) Google Resonanceのサポートを追加しました。

パフォーマンスの変更

APIの変更

動作の変更

その他の変更

  • WG-44682 プラグイン開発スクリプトに、Stadiaのサポートを追加しました。

バグ修正

  • WG-44010 修正済み: Ambisonicsの3rd-orderバスと、モノのインパルスレスポンスを使用して、Wwise Convolutionプラグインで初期化されていないメモリの使用。
  • WG-44698 修正済み: トリガーレートコンテナを継続して再生するようにContinuousモードにしたブレンドコンテナを使うと、クラッシュすることがありました。
  • WG-44843 修正済み: 無効な AkInitSettings::audioDeviceShareset は、Systemシンクにフォールバックきませんでした。
  • WG-44938 修正済み: FilePackagerが、LuminやStadia用に、無効なファイルパッケージを生成しました。
  • WG-45238 修正済み: ツリーコントロールの中で右クリックするとクラッシュしました。
  • WG-45314 修正済み: オブジェクトを、互換性のない親の下に作成しようとすると、WAAPIが誤ったオブジェクトタイプ名を返しました。
  • WG-45317 Zero Latencyメディアが複数のバンクで重複していて、それらのバンクをある特定の順番でアンロードしたときに発生するクラッシュを、修正しました。
  • WG-45473 修正済み: Pulse Audioのバッファオーバーフローの可能性。
参照