目次

Wwise SDK 2018.1.11
リリースノート 2018.1.3

次のセクションでは、Wwiseバージョン2018.1.2とバージョン2018.1.3の間での変更点を挙げ、説明します。以前のバージョンの詳細については、 以前のリリースノート をご覧ください。本リリースはバグ修正リリースであり、このため、2018.1.xの全バージョンに関して、プロジェクト、バンク、APIは、変更しなくても互換性が保たれます。

Note: プラグイン開発者へ このWwiseバージョンは、Wwise 2018.1でビルドしたプラグインをサポートします。これ以前のバージョンのWwiseでビルドされたプラグインは、プラグイン開発者が互換性のあるバージョンでリコンパイルして、リパッケージする必要があります。

新機能

  • WG-39161 プラグイン開発者がプラグインをパッケージングするのを補助する、Pythonツールを追加しました。
  • WG-39448 Wwise Launcherで使うbundle.jsonファイルをプラグイン開発者が作成するのを補助する、Pythonツールを追加しました。
  • WG-39455 プラグイン開発者が新しいプラグインを作成するのを補助する、Pythonツールを追加しました。

その他の変更

  • WG-39447 SDKドキュメンテーションで、一部のWwiseオブジェクトのclassIdを修正しました。
  • WG-39566 Motionシンクが対応しないプラットフォームは、Motion Factory Presetsのインポート時にデフォルトで除外するようになりました。除外したプラットフォームはすべて、必要に応じて再び入れることができます。
  • WG-39844 MSSpatialの初期化の失敗を説明するエラーメッセージを追加しました。

バグ修正

  • WG-30329 修正済み: プロジェクトの変更中に、Batch Renameでクラッシュすることがありました。
  • WG-31497 修正済み: 複数のネットワークアダプタのあるマシン上で実行すると、Wwise Remote Connectダイアログに表示されないアプリケーションがありました。
  • WG-37689 修正済み: Diffractionを有効にすると、ほぼ平面に近い大きな三角形が原因で、Spatial Audioでエラーが報告されることがありました (AK::SpatialAudio::SetGeometry - Invalid diffraction edge formed by vertices [X, Y] and triangles (U, V))。
  • WG-39454 修正済み: Audio OutputプラグインのInitが長いと、サウンドエンジンがタイムアウトとみなす可能性がありました。
  • WG-39515 修正済み: ReflectのDelayライン管理で、稀にクラッシュしました。
  • WG-39541 修正済み: 同じSwitch Containerを再生する複数のゲームオブジェクトの1つに対してStopPlayingID()をコールすると、ほかのゲームオブジェクトのSwitch履歴が消去されました。
  • WG-39544 修正済み: ファンクション SetRPTCValueByPlayingID をコールするときにトランジションタイムが指定されていると、Playing IDが無視されました。
  • WG-39560 修正済み: シンククリーンアップが行われるのが、シンク初期化と同じスレッド(オーディオスレッド内)となり、オーディオスレッド停止後ではなくなりました。
  • WG-39605 修正済み: Windows専用のオーディオアウトプットプラグインが、オーサリングでほかのターゲットプラットフォーム用の音を試聴するときに、使用できませんでした。
  • WG-39624 修正済み: バスに新しいミキサープラグインを選択すると、Wwise Effect Editorがアップデートされませんでした。
  • WG-39627 修正済み: 未解決のSwitch GroupのあるSwitch Containerが含まれるプロジェクトを開くときに、クラッシュしました。
  • WG-39674 修正済み: APIファンクションである AK::SpatialAudio::SetEmitterAuxSendValuesAK::SpatialAudio::SetPositionAK::SpatialAudio::SetEmitterObstructionAndOcclusionAK::SpatialAudio::SetPortalObstructionAndOcclusion の、それぞれ名前が、Capture Logで誤ってAuxSends、Position、SetEmitterObstruction、SetPortalObstructionと報告されていました。
  • WG-39678 修正済み: 長い AkRecorder ファイルパスがトランケーションされました。
  • WG-39680 修正済み: 高度に圧縮されたファイルで、Opusファイルのソーススターベーションが頻繁にありました。
    Note: あなたがIAkAutoStreamを、自分で実装してある場合、それをリコンパイルし、新しいファンクションである IAkAutoStream::SetMinTargetBufferSize を実装しなくてはならない可能性が高いです。このファンクションで、オートストリームシステムで準備されるオートストリームの最少バッファサイズを設定できます。
  • WG-39682 修正済み: Wwise Authoringを閉じると、Meter3DUserPref::GetValue がクラッシュしました。
  • WG-39693 修正済み: クラス CAkVPL3dMixable で、削除によりメモリが破損する可能性がありました。
  • WG-39705 修正済み: Attenuation Editorでゲームオブジェクトをウォッチ中に、追加のフラグがいくつか表示されたり、表示されるべき一部のフラグが表示されなかったりしました。
  • WG-39717 修正済み: Wwise Reflectのイメージソースが、新しいIDのイメージソースによって置き換えられることがありました。
  • WG-39726 修正済み: Reflection orderを0に設定してリフレクションを無効にし、同時にジオメトリを追加または削除すると、Spatial Audio がクラッシュしました。
  • WG-39737 修正済み: ソースプラグインで、自動生成されたユーザーインターフェースを使用できませんでした。
  • WG-39745 修正済み: サンプルレート44,100 HzのデバイスでLPFパラメータを増減させると、グリッチが発生しした。
  • WG-39765 修正済み: Project Explorerで名前を使ってオブジェクトに移動。
  • WG-39783 修正済み: GetSpeakerAngles() のタイミング問題。 LoadBank("Init.bnk") と間をあけずにコールすると、失敗することがありました。
  • WG-39838 修正済み: Game Object ProfilerのSpatial Audioリフレクションが、誤った透明度で描写されることがありました。
  • WG-39846 修正済み: Wwise Profilerをゲームに接続すると、AkInitSettingsで設定したAudio Deviceがリセットされました。
  • WG-39850 修正済み: (macOS) コマンドアドオンがサポートされていませんでした。
  • WG-39882 修正済み: ポジショニングの "Override Parent" 設定が、サウンドエンジンに正しくプッシュされませんでした。
  • WG-39886 修正済み: チャンネル数2以上のマルチチャンネルソースファイルを、Quality係数16未満のOpusに変換すると、再生時にノイズが発生しました。
  • WG-39891 修正済み: DirectXデバイスのステータス処理を更新しました。


参照