目次

Wwise SDK 2018.1.11
オーディオ処理実行の反復呼び出し作成

イントロダクション

サウンドエンジンが完全に初期化されたので、各種モジュールがデータを処理できるよう、反復呼び出しを作る必要があります。これは通常、ゲームループで、1フレームにつき1回実行されます。サンプルプログラムは、以下の関数をほぼ一定の間隔でメインメッセージループに呼び出します:

void ProcessAudio()
{
... Recurring call to the sound engine will be done here ...
}

サウンドエンジン処理

サウンドエンジンによって、未処理のバンクのロード/アンロード要求、イベント、位置変更、ステート、スイッチ、RTPCなどがすべて処理されるよう、AKSoundEngine::RenderAudio() を呼び出します。通信が有効になると、これらも RenderAudio() 内で処理されます。

void ProcessAudio()
{
// Process bank requests, events, positions, RTPC, etc.
}

詳細は、ゲームへのイベント統合 をご覧ください。

ゲームのフレームレンダリングが設定できました。続行するには、サウンドエンジン各種モジュールの終了 をご覧ください。