目次

Wwise SDK 2018.1.11
サウンドエンジン各種モジュールの終了

イントロダクション

ゲームを終了できる状態になり、もはやオーディオが必要なくなったら、先に初期化したすべてのモジュールを終了させます。サンプルプログラムは、すべての終了コードを再編成するために以下の関数を使用しています:

void TermSoundEngine()
{
... Termination will be done here ...
}

終了は、初期化と反対の順序で行われます。

通信モジュールの終了

通信モジュールが初期化されている場合、これの終了から開始しましょう:

void TermSoundEngine()
{
#ifndef AK_OPTIMIZED
//
// Terminate Communication Services
//
#endif // AK_OPTIMIZED
(...)
}
Caution: 他のモジュールの 前に、通信モジュールを終了させることが重要です。

ミュージックエンジンの終了

ミュージックエンジンが初期化されている場合は、サウンドエンジンの前にこれを終了させる必要があります。

void TermSoundEngine()
{
(...)
//
// Terminate the music engine
//
(...)
}

サウンドエンジンの終了

サウンドエンジン自体を終了させます:

void TermSoundEngine()
{
(...)
//
// Terminate the sound engine
//
(...)
}

ストリーミングマネージャの終了

次に、ストリーミングマネージャと低レベルI/Oを終了させます:

void TermSoundEngine()
{
(...)
// Terminate the streaming device and streaming manager
// CAkFilePackageLowLevelIOBlocking::Term() destroys its associated streaming device
// that lives in the Stream Manager, and unregisters itself as the File Location Resolver.
g_lowLevelIO.Term();
(...)
}

メモリマネージャの終了

メモリマネージャのクライアントがすべて終了されたので、最後にメモリマネージャ自体を終了させます:

void TermSoundEngine()
{
(...)
// Terminate the Memory Manager
}

これで、サウンドエンジンに関連する全てのモジュールがクリーンアップされ、プログラムを終了する準備が整いました。続いて、Wwise 要素のゲームへの統合 をご覧になることをお勧めします。