目次

Effect Editor - McDSP FutzBox Lo-Fi Distortion Effect Plug-in

Effect Editorは、McDSP FutzBox ローファイディストーションプラグインに関連する全てのプロパティを表示します。

McDSP FutzBox の一般的な概要については、「FutzBoxの概要」 セクションをご覧ください。より詳細な情報については、 McDSP ウェブサイトをご参照ください。Wwise実装のMcDSP FutzBox Lo-Fi Distortionエフェクトは、上記ウェブサイトに掲載されているものと多少異なる場合がありますので、ご注意ください。

項目

内容

Inclusion

このオブジェクトが含まれるのかどうかを示す。選択すると、このオブジェクトが含まれる。選択しないと、含まれないことを示す。 デフォルトでは全プラットフォームに適用する。プラットフォーム別のカスタマイゼーションの指定や設定を行う場合は、 Linkインジケータ (チェックボックス左)を使う。

チェックなしの場合は、Property Editorのプロパティや動作を設定できない。

Default value: false

名前

エフェクトインスタンスの名前。

エフェクトインスタンスは、エフェクトのプロパティ設定をまとめたものである。カスタムインスタンスとShareSetの2つのタイプがある。カスタムインスタンスは1つのオブジェクトだけに使用できるのに対し、ShareSetは複数のオブジェクト間で共有できる。

Effect

エフェクトのタイプ。

Shared by (Used by)

選択されているShareSetに現在サブスクライブされているオブジェクトのリスト。

エフェクトのカスタムインスタンスを編集している場合は、このフィールドが"Used by"となる。

検索フィールドが開き、標準的な英数字の検索によってマッチしない項目がビューで非表示となる。詳しくは「表の使用」を参照。

検索フィールドを閉じて検索フィルタを解除するには、Searchアイコン左のCloseアイコンをクリックする。

[注釈] 注釈

「List View」「Query Editor」「MIDI Keymap Editor」「Referenceビュー」で、ノードが閉じて非表示となっている項目は検索対象とならない。

エフェクトのプロパティ設定をデフォルト値に戻す。

エフェクトのカスタムインスタンスを編集している場合のみこのオプションが使用可能。

Notes

エフェクトに関する追加情報。

Filters

オーディオ信号に次のフィルタを適用します:

High-Pass Filter (HPF) - HPF 制御は、オーディオ信号に適用されるハイパスフィルタの特性を定義します。ハイパスフィルタは、低周波数性のランブルや不要なボーカル破裂音、DCオフセットを除去するのに有用です。‘futzing’ アプリケーションでは、ローエンドの周波数成分の損失は電話やトランシーバー、ラジオ、メガホンなどの多くの通信デバイスに典型的なものです。

Low-Pass Filter (LPF) - LPF制御は、オーディオ信号に適用されるローパスフィルタの特性を定義します。ローパスフィルタはカセットテープのヒスノイズ、滝の音、一般的な背景雑音などのバックグラウンドノイズに有用です。

HPF

Slope

周波数オクターブあたりの信号減少量を決定します。

Freq

カットオフ周波数(遮断周波数)であり、この周波数を下回るとオーディオ信号が除去されます。

デフォルト値: 40
Slider Range: 20 から 20,000
単位: Hz(ヘルツ)

Q

各フィルタ内の共振ピーク量。

デフォルト値: 0
Slider Range: 0 から 100

LPF

Slope

周波数オクターブあたりの信号減少量を決定します。

Freq

カットオフ周波数(遮断周波数)であり、この周波数を上回るとオーディオ信号が除去されます。

デフォルト値: 18,000
Slider Range: 20 から 20,000
単位: Hz(ヘルツ)

Q

各フィルタ内の共振ピーク量。

デフォルト値: 0
Slider Range: 0 から 100

 

Distortion

オーディオ信号にディストーションを適用します。ディストーションは、オーディオ信号の振幅レンジを非線形にします。様々な程度のソニックディストラクションをエミュレートするいくつかのタイプのディストーションが利用可能です。

Mode

オーディオ信号に適用されるディストーションのタイプ。モードごとに異なるアルゴリズムが使用されます。

Amount

オーディオ信号に導入されるディストーションのレベル。

デフォルト値: 0
Slider Range: 0 から 100
単位: パーセント

Intensity

ディストーションのトーンをコントロールします。

低設定の場合は‘ソフト’なディストーションになりますが、設定値が大きいほど‘ブライト’なディストーションサウンドが生み出されます。

デフォルト値: 0
Slider Range: 0 から 100
単位: パーセント

Rectify

オーディオ波周期(サイクル)の負の部分の振幅を、最大設定でゼロに到達するまで低減します。

レクティファイ=整流(Rectify)制御は、ディストーション量(Distortion Amount)および強度(Intensity)制御から独立して動作します。

デフォルト値: 0
Slider Range: 0 から 100
単位: パーセント

 

EQ

受信オーディオ信号にイコライザーを適用します。EQ制御は、指定した周波数において、指定した帯域幅(Q)内で、指定した量(ゲイン)の信号を加算または減算するために使用されます。

Type

オーディオ信号に適用されるイコライザまたはフィルタのタイプ。次のオプションのいずれかを選択可能です:

  • HPF - High-Pass Filter.

  • EQ - Peaking filter.

  • LPF - Low-Pass Filter.

Freq

オーディオ信号の一部を加算または減算するために使用されるカットオフ周波数。

デフォルト値: 1000
Slider Range: 120 から 12,000
単位: Hz(ヘルツ)

Q

イコライザの形。

デフォルト値: 0
Slider Range: 0 から 100
単位: パーセント

Gain
ゲイン

オーディオ信号にブーストまたはカットを適用します。

デフォルト値: 0
Slider Range: -12 から 12
単位: dB(デシベル)

 

Noise Generator

受信オーディオにバックグラウンドノイズを追加。

Level

入力信号に適用されるノイズ量。

デフォルト値: -96
Range: -200から0
単位: dB

HPF Freq.

ハイパスフィルタカットオフ周波数(遮断周波数)であり、この周波数を下回るとオーディオ信号が除去されます。

デフォルト値: 40
Slider Range: 20 から 20,000
単位: Hz(ヘルツ)

LPF Freq.

ローパスフィルタカットオフ周波数(遮断周波数)であり、この周波数を上回るとオーディオ信号が除去されます。

デフォルト値: 18,000
Slider Range: 20 から 20,000
単位: Hz(ヘルツ)

Thresh.

境界となる入力信号レベルであり、このレベルに達すると指定されたレンジ(範囲)の値だけノイズレベルが低減されます。

デフォルト値: 0
Slider Range: -40 から 0
単位: dB(デシベル)

Range

入力信号がスレッショルド(Thresh.)レベルを上回った時に入力信号に適用されるノイズレベル低減量。

デフォルト値: -20
Slider Range: -40 から 0
単位: dB(デシベル)

Recovery

ノイズダッキングが、フルノイズダッキングからノイズレベル変化なしへと変更されるレート。

デフォルト値: 20
Slider Range: 2 から 200
単位: ミリ秒

 

Gate

受信オーディオ信号にゲートを適用します。ゲート制御の使用により、入力信号が閾値を下回った後に、不要なバックグラウンドノイズや低レベルノイズを入力信号の減衰により除去することができます。

Threshold

境界となる入力信号レベルであり、このレベルに達すると指定されたレンジ(範囲)の値だけ信号レベルが低減されます。

デフォルト値: -40
Slider Range: -80 から 0
単位: dB(デシベル)

Range

信号レベルがスレッショルドレベルを下回った場合に信号レベルが低減する量。

デフォルト値: 0
Slider Range: -80 から 0
単位: dB(デシベル)

Attack

ゲートが開放され信号レベルがもはや低減されなくなるレート。

デフォルト値: 1
Range: 0.1 から 100
単位: ミリ秒

Hold

入力レベルが最初にスレッショルドレベルを超えた後にゲートが開放された状態になる時間量。

デフォルト値: 10
Slider Range: 0.1 から 100
単位: ミリ秒

Release

ゲートが閉鎖し、信号レベルが低減するレート。

デフォルト値: 100
Slider Range: 0.1 から 1000
単位: ミリ秒

 

SIM (Synthetic Impulse Model)

SIM制御を可能にし、ビデオゲーム制作で一般的に使用される様々なデバイスのモデル化されたソニックフットプリントのライブラリからの選択が可能になります。

Category

以下を含むデバイスのカテゴリ:

  • 携帯電話

  • ラジオ

  • スピーカー

Device

カテゴリ内にあるデバイスのリスト。例えば、ラジオカテゴリ内には、次のようなデバイスがあります:

  • 大型ラジカセ(AM BoomBox)

  • ブラックトランジスタラジオ(Black Transistor Radio )

  • ポータブルラジオ(Portable Radio)

Tuning

SIMの全体的な周波数レスポンスを変化させます。

デフォルト値: 100
Slider Range: 50 から 200
単位: パーセント

 

LoFi

ローファイ制御を可能にし、サンプルレート、ビット深度、フィルタリング量などの変更によりオーディオ信号を操作できるようにします。

Downsample

ローファイエフェクトのサンプルレートを低減させます。

デフォルト値: Off
Range: 1455 から 2,4000

Filter

ローファイエフェクトに適用されるフィルタリング量。

このオプションは、Effectをダウンサンプリングすることにより発生するエイリアシングアーチファクトの一部を低減するために使用することができます。

デフォルト値: 0
Slider Range: 0 から 100
単位: パーセント

Bit depth

各オーディオサンプルを定義するために使用される情報のビット数。

デフォルト値: Off
Range: 2 から 16

Gain
ゲイン

Input

入力信号のレベルを調整します。

デフォルト値: 0
Slider Range: -24 から 24
単位: dB(デシベル)

Output

出力信号のレベルを調整します。

デフォルト値: 0
Slider Range: -24 から 24
単位: dB(デシベル)

Balance

処理された(ウェット)信号と元の(ドライ)信号間のバランスを定義します。

デフォルト値: 100 (ウェット)
Range: 0 から100
単位: パーセント