目次

Wwise SoundSeed® Impact

(以下「Wwise SoundSeed Impactのプロパティ」参照。)

Wwise SoundSeed® Impact は、次のような操作を実行できるリアルタイムオーディオエフェクトプラグインです:

  • 検出されたレゾナンス特性を直接操作することにより、モデルパラメータを変換。

  • 変換されたモデルを使用して出力音を合成。

Wwise SoundSeed Impact プラグインは、スタンドアロンアプリケーション SoundSeed Impact Modeler を使用して作成される以下のデータエレメントに依存します。

  • Residual sound(残留音): PCM WAV ファイルととして保存されるオリジナルソースのノイズの多い部分。

  • Model parameters: 様々なパラメータの形でレゾナンスの情報を保持している非常にコンパクトな SSMファイル。

SoundSeed Impact Modeler Help.pdfがModelarパッケージの一部としてAudiokineticウェブサイトでダウンロードできるので、詳細はこちらを参照してください。

[注意] 注意

Modelerを使うにはMicrosoft Visual C++ 2005 Redistributable Package SP1が必要です。

このプラグインを使用して、レゾナンスモードの次の3つの特性を操作することによりモデルパラメータを変換することができます:

  • 周波数 (Hz)

  • マグニチュード (dB)

  • バンド幅 (Hz)

次の図は、レゾナンスモードの全体的な形状を定義する3つの特性を示しています。

[注釈] 注釈

これらのプロパティは全て、RTPCを使用してGame Parameterへのマッピングが可能です。RTPCを介してパラメータ値に加えられた変更は、オブジェクトインスタンスの次の再生時にのみ適用されることに注意してください。

SoundSeed Impact プラグインは、他のWwise オーディオエフェクトと同じように使用することができますが、次のような制限があります:

  • モノラルファイルのみがサポートされています(SoundSeed Impact Modeler はモノラルファイルのみを生成します)。

  • インサートできるのは、Actor-Mixer HierarchyまたはInteractive Music Hierarchyにあるオブジェクトに対してだけです。Master-Mixer Hierarchyのバスには、インサートできません。

Wwise SoundSeed Impactのプロパティ

項目

内容

Inclusion

このオブジェクトが含まれるのかどうかを示す。選択すると、このオブジェクトが含まれる。選択しないと、含まれないことを示す。 デフォルトでは全プラットフォームに適用する。プラットフォーム別のカスタマイゼーションの指定や設定を行う場合は、 Linkインジケータ (チェックボックス左)を使う。

チェックなしの場合は、Property Editorのプロパティや動作を設定できない。

Default value: false

名前

エフェクトインスタンスの名前。

エフェクトインスタンスは、エフェクトのプロパティ設定をまとめたものである。カスタムインスタンスとShareSetの2つのタイプがある。カスタムインスタンスは1つのオブジェクトだけに使用できるのに対し、ShareSetは複数のオブジェクト間で共有できる。

Effect

エフェクトのタイプ。

Shared by (Used by)

選択されているShareSetに現在サブスクライブされているオブジェクトのリスト。

エフェクトのカスタムインスタンスを編集している場合は、このフィールドが"Used by"となる。

検索フィールドが開き、標準的な英数字の検索によってマッチしない項目がビューで非表示となる。詳しくは「表の使用」を参照。

検索フィールドを閉じて検索フィルタを解除するには、Searchアイコン左のCloseアイコンをクリックする。

[注釈] 注釈

「List View」「Query Editor」「MIDI Keymap Editor」「Referenceビュー」で、ノードが閉じて非表示となっている項目は検索対象とならない。

エフェクトのプロパティ設定をデフォルト値に戻す。

エフェクトのカスタムインスタンスを編集している場合のみこのオプションが使用可能。

Notes

エフェクトに関する追加情報。

Model
モデル

File

現在ロードされているモデルパラメータファイルのファイル名を表示します。

(Browse)

ロードしたいモデルパラメータファイル(.ssm) をブラウズして選択することができるロードダイアログボックスを開きます。

Windowsから直接モデルファイルをドラッグしてWwiseにロードすることも可能です。

Quality

合成で維持する分析モードの割合を示す値。低いパーセンテージを使用する合成では、オーディオ忠実度が低くなるが、合成アルゴリズムのパフォーマンスは向上する。値が0% の場合は最少数のモードが維持され、値が100%の場合は全てのモードが維持されることを意味する。

単位:%

Default value: 100
Range: 0 to 100

 

Frequency Streching

モデルファイルに周波数ストレッチングを適用する。これが選択されていると、対応するプロパティが編集可能になる。

周波数ストレッチングは、レゾナンス周波数の中心周波数に変更を加えなっている。これは、共振オブジェクトの大きさを変化させているように知覚される。

Default value: true

Amount

モードの中心周波数が変更される量を定義。これは、オクターブの割合として測定され、100% は1オクターブ上または周波数の倍加に相当し、-100% は1オクターブ下または周波数の半減に相当する。

単位: Octave%

Default value: 0
Range: -800 to 800

Variation

アマウント(Amount)の値に適用される正および負のオフセット。これは、新しいインスタンスが再生されランダム性が作られるたびに Amount % の値が取得される値の範囲を作成する。

単位: Octave%

Default value: 0
Range: 0 to 800

 

Bandwidth Streching

モデルファイルにバンド幅ストレッチングを適用する。これが選択されていると、対応するプロパティが編集可能になる。

バンド幅ストレッチングは、レゾナンス周波数の幅に変更を加えなっている。これは、共振オブジェクトの異なる剛性をシミュレートするレゾナンスのダンピングに影響を与えなっている。

Default value: true

Amount

モードのバンド幅が変更される量を定義。これは、オクターブの割合として測定され、100% は1オクターブ上または周波数の倍加に相当し、-100% は1オクターブ下または周波数の半減に相当する。

Default value: 0
Range: -800 to 800

Variation

アマウント(Amount)の値に適用される正および負のオフセット。これは、新しいインスタンスが再生されランダム性が作られるたびに Amount % の値が取得される値の範囲を作成する。

単位: Octave%

Default value: 0
Range: 0 to 800

 

Variation

アマウント(Amount)の値に適用される正および負のオフセット。これは、新しいインスタンスが再生されランダム性が作られるたびに Amount % の値が取得される値の範囲を作成する。

Default value: 0
Range: 0 to 96

Variation

アマウント(Amount)の値に適用される正および負のオフセット。これは、新しいインスタンスが再生されランダム性が作られるたびに Amount % の値が取得される値の範囲を作成する。

Default value: 0
Range: 0 to 96

 

Residual Gain

残留サウンドパススルーの重要度を制御する。これは、基本的にはフィルタリングされたレゾナンス上に追加されるフィルタリングされていない残留成分へのゲイン制御。例えば、再合成スペクトルのノイズの多い部分の相対的な重要度などを制御するのに有用。

Default value: -96.3
Range: -96.3 to 0
Units: dB

Output Gain

合成サウンドに適用されるゲインの量。

Default value: 0
Range: -24 to 24
Units: dB