目次

概要

File Packagerは、Wwiseプロジェクトで作成した様々なSoundBank、ルースメディア、ストリーム用メディアファイルをファイルパッケージ(単数または複数)にまとめるスタンドアロンユーティリティです。ファイルパッケージはファイルシステムを抽象化したもので、完結したユニットです。ファイルパッケージをロードすると、メモリにルックアップテーブルが作成されて、PCKファイル内のどこにメディアがあるのかをWwiseに伝えます。つまり、ファイルパッケージを使うことで、プラットフォーム側のファイルシステムにみられる、ファイル名の長さやファイル数などに関する制限をある程度、回避できます。また、ファイルパッケージを使うと、複数のランゲージバージョンや、リリース後に出されるダウンロードコンテンツなどが、管理しやすくなります。

プロジェクトのSoundBankやストリーム用メディアファイルの情報は、SoundbanksInfo.xmlファイルを、File Packagerにインポートする時に、取得されます。

[注釈] SoundbanksInfo.xmlファイルを生成するには

Project SettingsまたはSoundBanks Settingsで、SoundBanksタブを開き、必ずGenerate Metadata Filesオプションを有効にしてください。さらに、Generate XML Metadataオプションを有効にする必要があります。これらを設定すれば、SoundBanks生成が成功するたびに、Wwiseが必ず、SoundbanksInfo.xmlファイルを生成します。

デフォルトで、全てのファイルが、ファイルパッケージ「default.pck」に追加され、このファイルパッケージは、全てのプラットフォームのSoundBankパスディレクトリ(SoundBank path directory)のルートで作成されます。また、複数の新規パッケージを作成して、それぞれにファイルをマニュアル操作で追加したり、作成したパッケージの保存場所を変えたりできます。

ファイルパッケージは、File Packagerでマニュアル作成できるほか、SoundBank生成の処理の一貫として、自動的にコマンドラインで、File Packagerを起動することもできます。このコマンドラインは、プロジェクト全体で設定することも、SoundBankのユーザー設定としてカスタム設定することもできます。SoundBankのポストジェネレーション(生成後)のステップとして、File Packagerをコマンドラインで起動する方法については、以下のセクションを参照してください。