目次

Wwiseとソースコントロールシステムを使う

プロジェクトの開発環境でアセットや他のプロジェクトファイルを効率的に管理するために、既にソースコントロールシステムを使用しているかもしれません。Work UnitなどWwiseプロジェクトの全てのファイルがXMLベースなので、これらのファイルも同じソースコントロールシステムで簡単に管理できます。

プロジェクトの以下のファイルを、ソースコントロールシステムで管理できます。

  • Wwiseプロジェクトファイル - .wprojファイル。

  • WwiseWork Unit - .wwuファイル、Default Work Unitも含む。

  • Originalsフォルダ - Wwiseにインポートしたオリジナルサウンドファイルが入ったフォルダ。

  • 生成したSoundBank - プラットフォームやランゲージ別に生成したSoundBankファイル。

[注意] 注意

プロジェクトディレクトリに存在する.cacheフォルダは、Wwiseの作業用ローカルフォルダです。.cacheフォルダの中身をソースコントロールシステムに追加すると、Wwiseが予期せぬ動作を起こすことがあるので避けてください。

ゲーム開発中にいつでもプロジェクトファイル(WPROJj)、Work Unitファイル(WWU)、オーディオファイルのステータスをFile Managerで確認できます。また、PerforceやSubversionなどのWorkgroupプラグインを使う場合、ソースコントロール機能をWwiseから直接、実行できます。WwiseでのWorkgroupプラグインの使い方については「Workgroupプラグインを使ったプロジェクトファイルの管理」を参照してください。

複数のメンバーが参加するWorkgroupによる作業でソースコントロールシステムを使ってプロジェクトファイルを管理する場合は、他人も同じプロジェクトで作業をしているので、マージコンフリクトの解消が必要になることがあります。頻繁に作業結果を同期してマージすることが重要で、常にチームメンバー同士がお互いの作業内容を共有できるようにしてください。ベストプラクティスのリストが 「Workgroupに関する、コツとベストプラクティス」にあります。