目次

Timeの使い方

時間は、DistanceやAzimuthの組み込みパラメータと同様に、プロパティ値をコントロールするために使うことができ、時間がRTPCのX軸となるTime Modulatorsを利用します。

項目

内容

Initial Delay

時間に基づくモジュレーションの、開始までの待ち時間。

[注釈] 注釈

ディレイの間は、RTPCグラフで定義された時間0のときの値に、プロパティ値が維持される。

単位: s

Default value: 0
Range: 0 to 4

Duration

通常の再生レートで、時間に基づくモジュレーションの1回のイテレーションの長さ。

[注釈] 注釈

実際の合計時間は、Initial Delay、Playback Rate、Loop Countに左右される。

単位: s

Default value: 1
Range: 0.1 to 100

Loop Count

モジュレーションの再生回数。(0を入力すれば、”infinite”となる。)

Default value: 1
Range: 0 to 100

Playback Rate

関連するサウンドの再生速度の調整:

  • 設定値が1であれば、通常再生となる。
  • 設定値が1未満であれば、より遅い再生となる。
  • 設定値が1より大きければ、より速い再生となる。

Default value: 1
Range: 0.25 to 4

Scope

タイムモジュレータインスタンスの作成方法を定義:

  • Voice:タイムモジュレータインスタンスを、サウンドやオブジェクトを再生するたびに作成する。
  • Note/Event:タイムモジュレータインスタンスを、再生インスタンスのたびか、MIDIを使う場合はノートごとに、作成する。

Default value: Note/Event

Trigger On

タイムモジュレータをトリガーする可能性のある、アクションやMIDIイベント:

  • Play:Playアクション、またはMIDIノートイベント
  • Note-Off:MIDI ノートオフイベントのみ

Default value: Play

Stop playback at end

これを設定すると、Initial Delay、Loop Count、Playback Rateなどを考慮した合計時間が過ぎると、関連するサウンドの再生が終了する。 設定しないと、合計時間を過ぎたモジュレーション後のプロパティ値は、RTPCグラフで決定した最終値に維持される。

Default value: true

使い方によって、Time ModulatorはLFOEnvelopeのモジュレータと対照的です:

  • Timeに複数のコントロールポイントのグラフが可能なのに対し、ほかはポイントが2点に制限されます。デザイナーは、具体的な時間に、細かいプロパティ値の調整を設定できます。

  • どのグラフビューのカーブも使えるのに対し、ほかのモジュレータは、Linearと、dB Curve Scalingしか使えません。

  • RTPCを設定できるプロパティは、Initial DelayとPlayback Rateの2つだけです。

Time Modulatorは、Custom、またはShareSetとして作成します。Customオブジェクトはその場所、つまりそれを有するオブジェクト内に直接保存される。ShareSetは、別のWork Unitに保存され、ほかのオブジェクトが再利用できます。