目次

ビューを活用する

Wwiseのインターフェースは複数のビューで構成されています。ビューとは、インターフェースに表示される個別のウィンドウのことで、あるタスクに関連した情報やコマンドがまとめられています。

ビューには、フローティング型とフラット型の2種類があります。フラットビューはレイアウト内に組み込まれたビューのことで、フローティングビューはウィンドウのようにレイアウトの上に重ねて表示されるビューのことです。両者とも、位置やサイズを調整できます。

ビューを表示するには:

  1. メニューバーで、Views > <ビュー名>をクリックする。

    選択したビューがフローティングビューとして表示される。

フローティングビューを切り替えるには:

  1. メニューで、Windows > <ビュー名>をクリックする。

    選択したビューが全てのフローティングビューの最前面に表示される。