目次

リリースノー ト 2017.2.7

次のセクションでは、Wwiseバージョン2017.2.6とバージョン2017.2.7の間での変更点を挙げ、説明します。以前のバージョンの詳細については、 以前のリリースノート をご覧ください。オンラインヘルプを使用する場合は、目次カラムの最上段にあるリストから、異なるバージョンのWwise を選択することもできます。本リリースはバグ修正リリースであり、このため、2017.2.xの全バージョンに関して、プロジェクト、バンク、APIは、変更しなくても互換性が保たれます。

動作の変更

  • WG-38456 バンクの後方互換性を部分的に実現しました。2016.1以降のバージョンで生成されたバンクに、メディアコンテンツだけが入っている場合は、2017.2.7(および2018.1)以降は、許容されるようになりました。なお、メディアがプラグインメディアの場合の後方互換性は、保証されません。

バグ修正

  • WG-37346 修正済み: やめたプラットフォームのSoundBank生成中に、Wwiseのアサート。
  • WG-37531 修正済み:(iOS) シンクをインターラプトしたときのアサート(AkSinkApple.cpp)。
  • WG-38040 回折するサウンドエミッタ―のバーチャルポジションの向きが、回折パスを考慮した正しい向きに回転されるようになり、Portalを通るコーン減衰の向きが正しくなりました。
  • WG-38170 修正済み:AK::SoundEngine::SetScalingFactorが、スプレッドとフォーカスに逆向きに影響していました。Scaling値が1より大きい場合は、距離が遠くではなく、近く感じられるべきです。
  • WG-38442 修正済み:2次アンビソニックストリームのUチャンネルのレベルが、特定のローテーション下で、非常に大きいボリュームになりました。
  • WG-38580 修正済み: 音の回折がPortalを通る場合、リスナーがPortal周辺に入ると、すぐにその音がディフラクション0になりました。
  • WG-38582 修正済み: Output Busフィルターを設定してから設定解除すると、バイパスされませんでした。
  • WG-38619 修正済み: 少ないメモリの状態で、Vorbisデコーダで発生するメモリリーク。
  • WG-38654 オーサリングツールをゲームに接続中に、バスに対しHDRを有効にしたときの、オーサリングツールのクラッシュ。
  • WG-38678 修正済み: Statesタブのコンテキストメニューの、"Clear States"でクラッシュ。
  • WG-38715 修正済み:(PS4) AK::GetPS4OutputHandle が、 AK::SoundEngine::Init の直後では、正しく作動しませんでした。
  • WG-38755 修正済み: バスのVoice VolumeのStatesが無視されました。
  • WG-38780 修正済み: ゲームのスペーシャルオーディオデータをモニタリング中に、ゲームのモニタリングプールのメモリを使い切ってしまうと、Wwiseオーサリングツールがクラッシュしました。
  • WG-38783 修正済み: Spatial Audio libの、Out-of-memoryクラッシュ。
  • WG-38824 修正済み: Xbox Oneで、 AkMotionSink::Init から例外がスローされていました。
  • WG-38859 リリースコンフィギュレーションでは、Luminライブラリからシンボルを排除しました。
  • WG-38904 修正済み: Game Object 3D Viewerでプロジェクトを保存すると、クラッシュしました。
  • WG-38933 修正済み: リスナーがPortalの中央にいるときのポジショニングシステムにNaNが導入されました(Obs/Occ タブで、 -nan(ind) として表示)。
  • WG-39020 修正済み:(iOS) CPUが枯渇している状態で出力変更が発生すると、クラッシュする場合がありました。


参照: