目次

プラグインのC++コードを更新した後に、Wwise Integration Packageを新しいバージョンにアップデート・アップグレードする

Warning.gif
警告: 注意点
  • Unity移行の操作は元に戻せません。始める前に、Unityプロジェクトのバックアップをすること。
  • Unityプロジェクトをソースコントロールで管理している場合は、移行を始める前にUnityプロジェクトフォルダ全体をチェックアウトすること。これを行わないと、対象のファイルを正しく変更できないため移行が失敗する。
  • Wwiseインテグレーションをインストールする前に、Unityプロジェクトがエラー無しで正常にコンパイルできる状態であることを確認すること。(Warning表示は許容範囲内。)

このインストール手順は、以前のWwise Integrationパッケージを含むUnityプロジェクトが既にあることを前提としています。新規インストールの場合は、 Wwise Integration Packageを初めてインストールする ページを参照してください。他のUnityプラグインと異なり、新しいバージョンにアップグレードするには以前のWwise Integrationパッケージをインストールしたまま残しておく必要があります。Launcherが新機能やバグフィックスをインストールしてから、以前のWwise Integrationを新規バージョンに移行させます。

Warning.gif
警告: 新しいWwise Integrationをインストールする前に古いインテグレーションを削除してしまうと、今までゲームにインテグレートしたWwiseオーディオが全て失われてしまうので、避けてください。

アップグレードは3段階に分けて行われます。まず最初にWwiseプロジェクトをこれから利用するバージョンにアップデートしてから、Unityプロジェクトも同様にアップデートする必要があります。

Unityプロジェクトを新しいWwiseバージョンにアップデートする

Wwise Launcherを使って、Unityプロジェクトを新しいWwiseバージョンにアップデートします。

Wwiseプロジェクトを新しいWwiseバージョンにアップデートする

  1. Unityで使用する新しいWwise Integrationパッケージと合うWwiseのバージョンを起動する。
  2. Wwise Projectを開く。
  3. Wwiseプロジェクトを最新バージョンにアップデートするよう促すプロンプトが表示されたら、'Yes'と答える。
  4. 完了したら、Wwise SoundBankを再生成して、Unityプロジェクトを新しいWwiseのバージョンにした後の作業を続けられるようにすること。Once completed, make sure to regenerate your Wwise SoundBanks to be ready to carry on with your work after updating the Unity project to the new Wwise version.
  5. 生成されたSoundBankをコピーしてUnityプロジェクトのStreamingAssetsフォルダに入れる。

C++コードの修正をアップデートする

  1. 希望するプラットフォーム全てを対象に、アップデートされたWwise SDKをマシンにインストールする。
  2. 希望する全てのプラットフォーム用にUnityプロジェクトにコピーした、Unity Integration Source Codeのzipの場所を見つける。
  3. ダウンロードした全てのUnity Integration Source Codeパッケージを同一ディレクトリに抽出する
  4. Unity Integration Source Codeに対して行った修正を、更新した場所にマージする
  5. アップデートしてマージしたインテグレーションソースコードをコンパイルする
Wwise Unity Integrationに対してWed Jun 12 13:57:28 2019に生成されました。  doxygen 1.6.3