目次

再生中に、Game Parameter値を変更する

Transport Controlにオブジェクトをロードすると、関連するRTPCが、ゲームシンクのエリアに表示されます。スライダを使って、オブジェクトの再生中にGame Parameterを変えられます。既にGame Parameter値をWwiseのプロパティ値にマッピングしてあるので、Game Parameter値を変えると、自動的にオブジェクトのプロパティ値も変わります。このようにして、Game Parameterがゲーム中に変化した時の様子をシミュレーションして、設定したプロパティマッピングがゲーム上で効率的に作用するかどうかを、検証できます。Game Parameterを作成してプロパティ値をマッピングする方法については、以下のセクションを参照してください。

プロパティが変化する様子を、シミュレーションの再生中に試聴できます。

再生中にGame Parameter値を変更するには:

  1. Transport Controlにオブジェクトを1つロードする。

  2. ゲームシンクのエリアで、RTPCsをクリックする。

    このオブジェクトにマッピングされているGame Parameterが全て表示される。

  3. Playアイコンをクリックする。

    オブジェクトの再生中に、RTPCスライダを使ってGame Parameter値を変えながら、変化に反応するサウンドの様子を確認する。

[注釈] 注釈

Game Parameterをデフォルト設定に戻すには、Reset > Reset All Game Parametersをクリックします。

[注釈] 注釈

Game Parameterの線形補間をバイパスするには、Ctrlを押しながらTransport ControlのRTPCスライダを使うか、Property EditorのRTPCタブのGame Parameterカーソルを使います。