目次

Wwiseのインターフェースについて

Wwiseのインターフェースはいくつかのビューに分かれています。それぞれのビューの使用目的に合わせて、ゲームのコンテンツを管理したり定義したりするのに必要なツールやオプションがそろっています。特定のタスクや作業が実行しやすいようにビューをまとめてレイアウトが編成されています。Wwiseには様々なレイアウトがあります。詳細は「レイアウトの活用」を参照。

各レイアウトの上部にメニューバーとツールバーがあります。 メニューバーにはプロジェクト名などの基本情報が表示されるほか、基本的なコマンドもアクセスでき、プロジェクトを保存する、レイアウトを変更する、ビューを開く、プロパティのヘルプを開く、などが可能です。ツールバーからは、Platform Selector、Language Selector、Capture、Remote Platform Connector、Searchなどの各種ツールに簡単にアクセスできます。

Wwiseを初めて起動すると、Designerレイアウトが表示されます。

Designerレイアウトは、以下のビューで構成されています:

  • Project Explorer:Wwiseプロジェクトの様々なエレメントを管理し、整理する中心的なエリア。Project Explorerには、以下のタブがあります。

    • Audio:Windows ExplorerやMac Finderとよく似た階層ツリーで、プロジェクトの各種アセットを整理できるタブ。Audioタブの主要な階層は、マスターミキサー階層、アクターミキサー階層、インタラクティブミュージック階層の3つ。

    • Events:プロジェクトにあるAction EventやDialogue Eventを表示。

    • SoundBanks:プロジェクトの全てのSoundBankを表示。

    • Game Syncs:プロジェクトの全てのSwitch、State、Game Parameter、Triggerを表示。

    • ShareSets:プロジェクトの全てのEffect ShareSetやAttenuation ShareSetを表示。

    • Sessions:プロジェクトの全てのSoundcasterセッションを表示。 プロジェクトの全てのSoundcasterセッションを表示。

    • Queries:プロジェクトの全てのQueriesを表示。

  • Event Viewer:現在のプロジェクトで作成した様々なEventを表示。Event Viewerには、Filtered、Current Selection、Orphansの3つのタブがあり、それぞれ異なるフィルタでEventが表示される。

  • Property Editor:サウンド構造、ミュージック構造、またはバス構造の中にある特定のオブジェクトの特徴を全般的に定義するための、プロパティオプションや動作オプションをまとめて表示。

  • Contents Editor:Property Editorにロードされた親オブジェクト内のオブジェクト(単数または複数)を表示。また、各オブジェクトに設定されるボリュームやピッチなど、最も一般的なプロパティをContents Editorで簡単にアクセスできる。

  • Transport Control:各種オブジェクトを再生できるビュー。Transport Controlには、再生、停止、一時停止など、従来からのオーディオ再生の機能がある。

  • Meter view:チャンネル毎にPeak、True Peak、RMSの3種類のレベル値が、色分けして表示される。アンビソニックバスの場合、方向性のデータを示す3D Meterも、Meterビューに表示できる。