目次

Transport Control

Wwise Transport Controlで、開発プロセスのフェーズごとにオーディオアセットやモーションアセットを再生して視聴できるほか、必要に応じて前に戻りインポートしたファイルのコンバージョン前のオリジナルバージョンを視聴できます。また、視聴するオブジェクトをプラットフォーム別に指定したり、フェード、ディレイ、Event Actionなど適用したものを再生して確認したりできます。

Transport Controlは一般的な再生コントロールを提供するほか、ステート、スイッチ、トリガー、RTPCなどを適用したサウンドオブジェクト、ミュージックオブジェクト、そしてモーションオブジェクトを再生してモニターする追加機能もあります。 再生できるWwiseオブジェクトを以下に示します。

  • Sound SFX

  • Sound Voice

  • Containers

  • イベント(ダイアログイベント以外)

  • Music Segment、ミュージックコンテナ

オブジェクト、イベント、またはコンテナを選択すると、それが自動的にTransport Controlにロードされ、オブジェクトの名前とそのアイコンがタイトルバーに表示されます。

項目

内容

Transport Controls

(Name)

Transport ControlにロードしたWwiseオブジェクトの名前とアイコン。Transport Controlに追加できるWwiseオブジェクトを以下に示す。

Event

Sound SFX

Sound Voice

Random Container

Sequence Container

Blend Container

Switch Container

Music Segment

Music Playlist Container

Music Switch Container

(Pin)

選択すると、現在Transport Controlにロードしたオブジェクトに固定され、Property Editorに他のオブジェクトがあっても、新しいオブジェクトはロードされない。

オリジナルのオーディオソースを再生するのか、コンバージョン後のオーディオソースを再生するのかを指定する。

選択すると、コンバージョン前のオリジナル形式のオブジェクトを再生する。選択しないと、オブジェクトのコンバージョン後バージョンがあれば、それを再生する。

あるプラットフォーム向けにオーディオファイルをコンバージョンすると、そのプラットフォームの具体的なハードウェア要件に合わせてファイルが変換されます。つまり、Wwiseを実行しているプラットフォームがそのファイルタイプをサポートしない場合は、コンバージョン後のファイルをWwiseで再生できな可能性があります。

選択すると、選択したプラットフォームに含まれるオブジェクトだけがTransport Controlで再生可能となる。

再生を停止する。

再生を一時停止する。このボタンをもう一度クリックすると、再生が再開する。

Transport Controlにロードしたオブジェクトを再生する。

プロパティをバイパスしながら、Wwiseにロードしたオブジェクトを実行するためにPlayをクリックする間、Shiftキーを押したままにしてください。それは、DAWsで見つかるようなPFL (Pre-Fader Listen)のようであり、Wwiseは階層のプロパティ(ボリューム、ピッチ、フィルター、遅延、エフェクト、Auxiliary Sends、Attenuation Curves、RTPC カーブ、States ポジショニング、バスルーティングのようなものを含む)なしでオブジェクトを再生しますが、その動作(フェード、トリム、ループポイント、ランダム・シーケンス再生などのような)は残ります。

[警告] ご注意!

Play - Bypass プロパティショートカットを使うと、結果サウンドは不快なぐらい大きかったり、音程が外れていたりするかもしれません。

Transport のPlay ボタンをクリックすると、Play Cursor の位置からクリップが再生されます。Play Cursor の実行中にPlay ボタンをクリックすると、最初のPlay Cursorと同じ開始位置から同時に再生される別のPlay Cursorが追加されます。

Delay

Event Action、Random Container、またはSequence Containerに、ディレイを適用したかどうかを示す。ディレイがあれば、再生のディレイ時間中はアイコンが青色になる。

Fade

Event Action、Random Container、またはSequence Containerに、フェードを適用したかどうかを示す。フェードがあれば、再生のフェード時間中はアイコンが青色になる。

再生を停止して、全てのプロパティ値を元の設定に戻す。

(Reset Selector Menu)

Reset Selectorメニューが開き、以下のオプションが表示される。

  • Reset All: 再生を停止して、全てのプロパティや設定を元の設定に戻す。

  • Reset All Random and Sequence Containers : Sequence Containerのプレイリストを最初に戻す、またはRandom Containerのランダム再生プロパティをリセットする。

  • Reset All Game Parameters: 全てのGame Parameterを元の設定に戻す。

  • Reset All Set Mute: オブジェクトの全てのMuteアクションを解除する。

  • Reset All Set Voice Pitch: オブジェクトの全てのSet Voice Pitchアクションを解除する。

  • Reset All Set Voice Volume: オブジェクトの全てのSet Voice Volumeアクションを解除する。

  • Reset All Set Bus Volume: オブジェクトの全てのSet Bus Volumeアクションを解除する。

  • Reset All Set Voice Low-pass Filter: オブジェクトの全てのLow Pass Filterアクションを解除する。

  • Reset All Bypass Effect: オブジェクトに対してトリガーした全てのBypass Effectアクションを解除する。

  • Reset All States: オブジェクトの全てのSet Stateアクションを解除する。

  • Reset All Switches: オブジェクトのSwitchアクションを解除する。

  • Reset All Music Tracks Force Usage: Transport Controlでの強制再生の設定を、全てのミュージックトラックからクリアするとき。

  • Reset All Source Editor Play Cursors: オブジェクトの全ての Source Editor Play Cursors アクションを解除する。

  • Reset Position: Attenuation Preview内のリスナーのポジションをデフォルトポジションに戻す。

Set Voice Volume

オブジェクトにVoice Volume Action を適用したかどうかを示す。Voice Volume Actionを適用すると、再生中はアイコンが青色になり、ボリュームをリセットするまで青色となる。

Set Pitch

オブジェクトにピッチアクションを適用したかどうかを示す。ピッチアクションを適用すると、再生中はアイコンが青色になり、ピッチをリセットするまで青色となる。

Mute

オブジェクトにミュートアクションを適用したかどうかを示す。ミュートアクションを適用すると、再生中はアイコンが青色になり、ミュートアクションをリセットするまで青色となる。

Set Low-Pass Filter

オブジェクトにローパスフィルタアクションを適用したかどうかを示す。ローパスフィルタアクションを適用すると、再生中はアイコンが青色になり、ローパスフィルタアクションをリセットするまで青色となる。

Enable Bypass

オブジェクトにバイパスアクションを適用したかどうかを示す。バイパスアクションを適用すると、再生中はアイコンが青色になり、バイパスアクションをリセットするまで青色となる。

(Game Syncs)

現在のオブジェクトに関連する全てのState GroupやStateを表示する。

(State Group)

現在のオブジェクトにアサインした全てのStateやState Groupの名前。

(State)

再生中に変更できる該当Stateのリスト。

 

現在のオブジェクトに関連する全てのSwitch GroupやSwitchを表示する。

(Switch Group)

現在のオブジェクトに関連する全てのSwitch Groupの名前。

(Switch)

再生中に変更できる該当Switchのリスト。

 

現在のオブジェクトにアサインした全てのGame ParameterをGame Syncs部分に表示する。

(Game Parameter Name)

現在のオブジェクトにアサインした全てのGame Parameterの名前。

(Value)

RTPCの視聴目的で再生中に変更できるGame Parameter値。

現在のミュージックオブジェクトに関連する全てのTriggerをGame Syncs部分に表示する。

(Trigger Name)

Soundcasterのオブジェクトに関連するTriggerのリスト。

現在再生中のミュージックオブジェクトに重ねて再生する該当スティンガーを呼び出す。