目次

Profiler Statistics

キャプチャーセッションが完了したら、Profiler Statisticsビューを使ってWwiseプロジェクトまたはゲームの特定オーディオエレメントに関する統計情報を収集できます。さらに、サウンドエンジンから情報をキャプチャーしながら、同時に統計情報を抽出することもできます。

[注釈] 注釈

現在、キャプチャーセッションから抽出できるのは、ダイナミックダイアログエレメントに関する情報だけです。提供される統計情報を完全に理解するには、Wwiseでダイナミックダイアログを生成する際の、様々なステップを理解しておくことが重要です。ダイナミックダイアログについては「ダイナミックダイアログシステムを理解する」を参照してください。

Profiler Statisticsビューに、情報の各種サブセットの統計を確認するためのクエリがいくつか設定されています。例えば、キャプチャーセッション中に完結した(Resolved)パスはどれか、これらパスが完結したのは何回か、その結果オーディオが再生されたのは何回か、などを判定できます。全てのアクティブなキャプチャーセッションから統計情報を抽出できるので、リモート接続したゲームからキャプチャーしたデータや、Wwise内でローカルにキャプチャーしたデータを使い、統計情報を収集できます。アクティブなキャプチャーセッションとは、Capture Logに情報が表示されているセッションのことです。

Profiler Statisticsビューはコンテキストに対応するので、選択したクエリに応じて、表示されるオプションが変わります。選択できるクエリを以下に示します。

項目

内容

Queries

現在のキャプチャーセッションを使って、具体的な情報サブセットに関する統計を表示する、事前に設定された各種クエリ。

選択したクエリを、現在のキャプチャーセッション中に収集した情報に対して実行する。ダイアログイベント情報は全て、Resultsペインに表示される。

全クエリの蓄積された統計情報を消去する。

Update automatically

これをチェックすると、ゲームからキャプチャーデータがくるのに合わせて選択したクエリをライブで更新できる。チェックを外すと、Runを使ってデータをマニュアルでリフレッシュできる。

Keep statistics across sessions

これを有効にすると、新しいキャプチャーセッションを始めても、統計情報が消去されない。複数の異なるゲームシナリオの統計情報を蓄積できる。

[注意] 注意

Runボタンをクリックすると、複数セッションで蓄積したデータが消去され、現在のキャプチャーセッションの統計情報だけが表示される。