目次

表の使用

表とは、データをRow(行)やColumn(列)に整理したものです。最初の列の情報は他の列の情報と直接関係します。Wwiseは表を使ってEventやPresetなどの情報を表示します。

表中を矢印キーを使って上下に移動できます。ほとんどのテーブルで、列のサイズ変更、列ヘッダ別の情報のソート、表中のプロパティ値の直接編集などができます。

表のColumn(列)サイズを変更するには:

  1. 列の境界線にマウスポインタを合わせる。

    ポインタが二重矢印に変わる。

  2. 以下のいずれかを行う:

    • 列幅を広げるには、境界線を右にドラッグする。

    • 列幅を狭めるには、境界線を左にドラッグする。

表のColumn(列)を設定するには:

  1. 列のヘッダ行にマウスを合わせる。

  2. ヘッダ行を右クリックする。

    ショートカットメニューでオプションが1つだけ表示される:Configure Columns...

  3. Configure Columns...を選択する。

    Configure Columnsダイアログボックス...が表示されるので、表示する列と順番を指定する。

表の情報をソートするには:

  1. 列のタイトルをクリックする。

    表の情報が、その列にある情報の昇順に並べ替えられる。

  2. 情報を降順に並べ替えるには、列のタイトルをもう一度クリックする。

    [注釈] 注釈

    表中の項目の順番が重要な役割を果たしている場合は、列のタイトルでソートを行えません。項目の順番を変更するには、項目をドラッグして位置を変えます。

表の内容にフィルタをかけるには:

  1. 右上にあるSearchアイコンをクリックする。デフォルトショートカットはCtrl+F3。

    標準的な英数字検索フィールドが表示される。

  2. フィールドに数字、文字、アンダースコア、スペースなどを自由に入力できる。

    同じ文字パターンがどの列にも含まれない項目は、検索フィルタによって表示されない。リストに表示される項目数を減らすことで、求めているものが探しやすくなる。

    [注釈] 注釈

    例外として、File ManagerではFile列のファイル名だけが検索対象となる。

    さらに、List View、Query Editor、MIDI Keymap Editor、Reference Viewでノードが閉じて非表示となっているオブジェクトは検索対象とならないので、表示された先祖に該当がない限りデフォルトで外されます。

  3. 検索フィールドを閉じてフィルタをリセットするには、Searchアイコン左のCloseアイコンをクリックするか、Escを押す。

[注釈] テーブルテキストへのリンクを追加する

テーブルフィールドのテキストは、最初に適切なプロトコルハンドラを追加することによって、他の場所にリンクすることができます。ハンドラはフィールド内のすべてのテキストに適用されるため、入力は正確で完全でなければなりません。たとえば、http:\\ www.audiokinetic.comを Notes フィールドに追加すると、 List Viewから見て、下線付きのクリック可能なテキストが表示されます。この場合、プロトコルハンドラとURLは、AudiokineticのWebサイトにブラウザをはっきりと開きます。また、SoundFrame Test Applicationを使用してゲームオブジェクトを作成し、メールアプリケーションにリンクするmailto:someemailaddress @ someemailserverという名前を付けることもできます。ただし、HKEY_CLASSES_ROOT\PROTOCOLS\Handlerに定義されているプロトコルハンドラを使用することもできます。