目次

Property Editorを使って作業する

Property Editorにプロジェクトの様々なオブジェクトやゲームシンクのプロパティや動作を設定するための選択肢、フィールド、スライダ、リスト、ボタン、グラフビューなどが表示されます。このようなツールの使い方は、以下のセクションを参照してください。

Property Editorでプロパティ値を調整する時に、Randomizerを適用したり、この値を全てのプラットフォームでリンクしたり、アンリンクしたりできる場合があります。 Wwiseではこれらの機能をアイコンで表示します。また、プロパティ値がRTPCを使ってGame Parameterにアサインされているかどうかも表示されます。ここで使われるアイコンを下表に示します。

アイコン

Name

内容

Inclusion

このオブジェクトが含まれるのかどうかを示す。選択すると、このオブジェクトが含まれる。選択しないと、含まれないことを示す。 デフォルトでは全プラットフォームに適用します。 プラットフォーム専用のカスタマイゼーションを設定したり決定するにはLink indicator (チェックボックス左側)を使います。

チェックなしの場合は、Property Editorのプロパティや動作を設定できない。

Link

このプロパティ値は、他のアクティブなゲームプラットフォームの設定値とリンクしている。

Unlink

このプロパティ値は、他のアクティブなゲームプラットフォームの設定値とリンクしていない。

Partial Unlink

このプロパティ値は、現在のプラットフォームでは他のアクティブなプラットフォームにリンクしているが、他の1つ以上のプラットフォームにおいて、この設定値がリンクしていない。

Link Mixed

選択されたオブジェクトによっては異なるリンクステータスがあります。リンクされていたり、リンクされていなかったり、一部だけリンクされています。

RTPC Disabled
RTPC無効

このプロパティ値は、ゲーム内のパラメータ値に結び付いていない。

RTPC Enabled
RTPC有効

このプロパティ値は、ゲーム内のパラメータ値に結び付いている。例えば、ゲーム内の車のスピードを、Wwiseにおけるピッチのプロパティに直接、結びつけることができる。ゲーム中に車のスピードが加速すると、Wwise側のピッチもリアルタイムで上昇する。

RTPC Mixed

ゲーム内のパラメータ値は、Multi Editorにロードされたオブジェクトの一つ以上のすべてではないプロパティ値にを関連付けられています。Property Editor やContents Editorではこのインジケータが見られません。

Randomizer Enabled

Randomizerエフェクトが適用されたプロパティ値。

Randomizer Disabled

Randomizerエフェクトが適用されていないプロパティ値。

Randomizer Mixed

Randomizer エフェクトは Multi Editor にロードされた1つ以上のすべてではないプロパティ値に適用されます。Property Editor やContents Editorではこのインジケータが見られません。

[ヒント] ヒント

Randomizerの詳細: 「Randomizerビュー」

State Disabled

このプロパティ値は、ステートに結びついていない。

State Enabled

ステートグループがこのプロパティ値に結びついている。ボリュームなど、ここで対象となっているプロパティが、適用されるステートによって変化することを意味します。

State Mixed

State Groupは、Multi Editorにロードされた一部(1つまたは複数)のオブジェクトのプロパティ値に結びついています。Property Editor やContents Editorではこのインジケータが見られません。

プロパティ値のランダム化

ゲームサウンドのリアリズムを強化するために、Property Editorにある大部分のプロパティ値に、Randomizerを適用できます。Randomizer機能で、あるプロパティ値の有効範囲を指定します。このオブジェクトが再生されると毎回、Wwiseが、指定した範囲内の異なるプロパティ値を選択します。それぞれのプロパティ値にRandomizerを適用することで、このオブジェクトは、再生される度に、聞こえ方が変化します。

Randomizerの詳細と使い方については「ランダム化したプロパティ値で、再生を強化」を参照してください。

プロパティ値のリンク・アンリンク

Wwiseでは、1つのオブジェクトに関連する様々なプロパティ値の大部分を、リンク・アンリンクできるので、同時に複数のプラットフォーム向けにオーサリングできます。デフォルトでは、複数のアクティブプラットフォームにおいて、すべてのプロパティ値はリンクされていますので、同じ値に設定できます。あるプロパティ値をアンリンクすると、そのプラットフォームでカスタマイズできるようになります。

プロパティ値のリンク・アンリンクについては「プラットフォームごとに、オブジェクトプロパティをカスタマイズする」を参照してください。

プロパティ値をGame Parameterにアサインする

前述の通り、Game ParameterをWwiseの特定プロパティ値にアサインできます。この機能が、RTPC(Real-time Parameter Controls)です。Wwiseでは、RTPCとしてアサインされたプロパティが分かるように、視覚的フィードバックを表示します。Game Parameterにプロパティ値をアサインすると、プロパティのRTPCインジケータが、テーマカラーに変わります(Classicではブルー、Darkではオレンジ)。

RTPCの使い方については「Game Parameterを使って、プロパティ値をコントロールする」を参照してください。